イオンの親子セットスマホは買いか?お買い得度の考察と端末レビュー

oyako

イオンが富士通のスマートフォンを使ったイオンスマホ第4弾を登場させようとしていますが、その前に既存の第3弾と第2弾をセットにして親子格安スマホとして提供するそうです。

2台セットで販売されて月額はたったの3980円。料金プランや使い方に特徴のある内容なので、使い方が合わないと活用しにくいですが、2台セットの販売価格としてはとても安いため、家族2台のスマートフォンを手に入れようと考えている場合には面白いかもしれません。

イオンスマホの分割購入にはイオンカードが必要など特殊な要件が必要ですが、そうした部分も含めてこの親子スマホについて詳しく解説していきたいと思います。

 

イオンの親子スマホ、セット内容

イオンの親子スマホについては、2つの異なるスマートフォンがあるということでそれぞれ個別にセット内容を紐解く必要があるかもしれません。

 

まずは親スマホからその内容を明らかにしていきます。

親スマホはスマートフォンの端末代金を合わせて月額2980円の契約になります。回線はBIGLOBE 3G・LTEの音声通話対応サービスを使っています。今回のこの回線料金は1650円となっていて、通常のBIGLOBE 3G・LTEとは金額が違います。イオンスマホ特別プランです。データ通信量は5GB、これだけの通信量が1600円の内に収まるのは驚異的なコストパフォーマンスです。特別プランではありますが、格安SIMの中では今までのどんなSIMよりもコスパが最も高いです。

スマートフォンは「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」というスマートフォンになります。ここまでの内容は過去のイオンスマホ第3弾について特集してきた内容と同じですので、詳細はそちらをご覧ください。

 

もう一つ子スマホは端末代金を合わせて月額1000円になっています。スマートフォンと回線がセットで1000円というのはこれまたコストパフォーマンスでは最高に近いです。ただし子スマホは電話が出来ません。インターネットだけが使える契約になります。SMSが使えるので、LINEなどを認証してそのアプリ内で通話をするという場合ならば問題はありませんが、電話番号を入力しての電話は出来ません。

データ専用回線の料金はなんと370円。端末がLTEに対応していませんが、2GBまでのデータ通信量が付いてきて370円という驚異的な安さです。キャンペーン価格とは言え恐ろしい料金です。こちらもBIGLOBEの回線を利用しています。端末は「geanee FXC-5A」です。

これら2つのスマートフォンの料金はセットにした場合の料金です。つまり3980円のセット価格の内訳になります。単体個別にこれらの料金で契約できるのは親スマホだけで、子スマホの異常な安さの契約は残念ながら単品では手に入れることは出来ません。

料金等セットの2つの料金やプランについてを表にしました。

親スマホ 子スマホ
通信料 1650円  370円
端末代金 1330円 630円
特徴 5GB/LTE/電話付き 2GB/データのみ
合計 2980円 1000円
総額 3980円
スポンサードリンク

BIGLOBE回線の考察

まずはいつも通り回線のレビューや考察から始めたいと思うのですが、BIGLOBE 3G・LTEについてはこれまで何度も触れてきている内容なので、今回は料金面に少し触れるだけにして、後述するこの親子スマホの使い方や注意点について時間を割きたいと思います。

まずBIGLOBEの回線のレビューや評価については以下の記事を参考にしてください。

イオンのスマホ第3弾、ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 Sを使った格安スマホの考察、口コミ評判とレビュー | 脱携帯キャリア宣言

2980円のBIGLOBEうれスマ格安スマホ「G2 mini」の考察、口コミ評判とレビュー | 脱携帯キャリア宣言

 

特徴的なのがその料金でしょう。通常のその他の格安スマホや格安SIMとして契約できるBIGLOBEの料金プランと、イオンのスマホを経由して契約できるBIGLOBE回線の料金には同じ内容でも大きな差があります。通常ならば1600円の音声プランでは1GBのデータ通信量と音声通話込みの契約しかできないのですが、イオンのスマホ特別プランになると1650円で5GBという大容量のデータ通信量と音声通話が手に入ります。本来であれば同じ内容のコースだと2200円かかるはずですが、イオンの格安スマホだと特別に安く使える仕組みが出来ています。

これは親スマホを例にとりましたが子スマホでも同様で、本来2GB900円の料金プランがイオン特別コースになると370円で使えるようになっています。単純に2つのセットで毎月の料金が通常よりも1000円以上安くなっています。

通信品質はBIGLOBEということもあって一定の品質がありますので、それを2回線合計1000円以上安く使えるのは比較的お得な内容になるでしょう。

 

親子セットスマホ端末の考察

こちらも親スマホ、子スマホでそれぞれの端末の性能を紐解いて行きましょう。

親スマホに使われる「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」については、イオンスマホ第3弾について書いた特集で詳しく解説・使用感も載せているので、そちらを参考にしてもらいましょう。

イオンのスマホ第3弾、ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 Sを使った格安スマホの考察、口コミ評判とレビュー | 脱携帯キャリア宣言

一方で子スマホについてはまだ解説していなかったのでそちらを中心にスペックを見て行きたいと思います。

IDOL 2 S FXC-5A
Android OS 4.3 4.4
チップセット Snapdragon 400 MT6582M
ROM/RAM 8GB/1GB 4GB/512MB
画面表示 1280×720(HD)、5インチ 960×540(qHD)、5インチ
バッテリー 2150mAh,連続待受時間400時間 2000mAh
LTEネットワーク B1/3/5/7/8/19/20 利用不可/3Gのみ
一括支払いの料金(税込み) 34473円 16329円

 

「geanee FXC-5A」という型番で発売されているこのスマートフォンは、イオンのスマホ第2弾として登場してきたスマートフォンです。発売当初は1980円で端末代金も含まれて発売された格安スマホです。端末代金も含んで1980円というのは、格安スマホの相場の中でも安い部類に入ります。大体2500円以上が端末代金を含んでの月額料金ですから。

安いということもありスペック的には低めです。大人が使うには2年契約だと厳しいかもしれません。ただ動作はある程度サクサク動くので、活用方法が限定的な子ども用スマホとしては十分かもしれません。いろいろいじり出す中学生以降には不向きですが、小学生にとりあえず持たせるスマートフォンとしてならば必要なものは揃っています。

あくまで子供用のスマートフォンとして見れば、2年間1000円で使えることを考えても安いでしょう。性能が低いため出来ることが限られていますが、それでも生活の中で必要なことは大抵出来ますし、子どもが遊ぶようなLINEゲームなども遊ぶことが出来るので、初めての子どものスマホとしてならば悪くはない機種になるでしょう。

 

親子スマホの注意点と活用方法について

さてここからはこの親子スマホという特殊な売り方をされるイオンスマホについて、契約前に知っておくべき注意点を解説します。この部分を知らずに契約してしまうと、不都合がかなりの確率で生じることになりますので、注意して下さい。またその注意点を克服するための親子イオンスマホの活用方法についても考えてみます。

子スマホはデータ通信だけ

ここまでに何度か話には出ていますが、改めて注意しておかないといけないのは、子ども用のスマートフォンの契約には、データ通信契約しかされておらず音声通話が出来る契約はされていません。

そのため090、080、070といった電話番号による発信通話は親子間では出来なくなっています。出来るのは親スマホだけで子スマホはインターネットのみが利用できる体制になっているのです。これは中々に重要なポイントでしょう。これを契約前に知っておかないと、後で大変後悔することになるでしょう。

 

通話はIP電話やアプリで対応

一体何故子ども側のスマートフォンに電話を使えない仕様にしたのか、少し不可解な気もしますが、どうやらこれは保護者側が企画段階で提案していた内容のようです。子ども側のスマートフォンに音声通話機能がついてしまうと、通話料を制御出来ずに知らず知らずの内に多額の通話料請求が来る可能性がある、だからこそ通話機能無しでネットのみにして欲しいという要望があったようです。

なるほどこれならある程度の理解は出来ます。何故ならば090番号などが無くても、今だとネット環境さえあれば、ネットのみで通話料が無料の通話機能を持ったアプリなどが使えるからです。これを通話に使ってしまえば、わざわざ090番号などの音声コースは不要とも言えます。

例えばLINEの通話機能やSkypeと呼ばれる会話アプリなどは、通話料が一切かからずネット回線があれば電話のような通話機能を持っています。これを利用すればあえて090などの携帯電話番号を保有しなくても、家族間同士での通話が可能になります。

家族間同士での通話や友人間同士の通話機能さえあれば子ども用のスマートフォンとしては十分だと考えることも出来ますので、こうした契約でもアプリの活用次第では問題にはならないかもしれません。

どうしても電話番号発信が必要な時に備えて、同じくネット回線を利用したIP電話サービスの050プラスなどを契約することで、いざという時のために備えておくのもいいかもしれません。こちらは基本料が0円からで通話料金のみがかかります。こちらの電話番号は必要な時だけ使うように言い聞かせておけば、通話料もそれほど高くなることはないと思うので、データ通信のみのスマホと言えども活用方法はあります。

 

解約と分割支払いの条件

続いてはイオンスマホの購入に関わることと解約金についての説明を行います。

まずイオンスマホを2台同時に契約する際に、端末代金の支払いについてある規制があります。それは分割支払いにはイオンカードによる支払いのみが条件にされている点です。つまり月額3980円で利用できるのはイオンカードを所有している方に限定されます。

イオンカードを持っていない場合は、一括での端末代金支払いが必要になります。一括だと親スマホの「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」は34473円、子スマホの「geanee FXC-5A」が16329円の支払いが必要になりますので、契約時に約50000円のその場での支払いが必要になります。一括の場合は通信料金だけになりますので、毎月かかる料金は3980円ではなく2200円ほどと約半分にはなりますが、初期費用は高額になってしまいます。

こう見ると安く感じていたイオンの親子スマホも一括での支払い額は高く見えてしまいます。その分毎月の料金は安くなるのですが、出来れば24回払いでいきなりの大きな負担は避けたいところです。ですのでイオンスマホを契約する際には必ずイオンカードを契約しておいてからにした方がいいと思います。イオンカードは年会費無料なので、その他の用途に使う機会が無くても、損をすることはありません。

イオンカード(WAON一体型)

 

またこのイオンスマホの契約においては、解約金というものはかかりません。音声通話のついた親スマホでも一切かかりません。通信回線部分には解約金は心配いりません。ただし分割で契約している場合は、端末の分割支払いを全て完了する必要がありますので、この契約をした時点で約50000円のスマホ本体の料金は支払うことになります。

解約金はかかりませんが、端末代金の支払いが残ることには注意しましょう。

 

まとめ:料金が安く、親子で2台持つという需要があれば悪くないかも

端末代金が5万円、毎月の料金が2台合わせても2200円ほどと、2台契約することを考えると安い契約になるのがこのイオンの親子セットスマホでしょう。

端末としては親スマホが性能がよく、子スマホは中学生以上が使うには少し厳しいスペックですが、小学生の子に持たせるには十分な性能で使えることでしょう。

片方がデータ通信だけしかできないという特殊な内容になっているため、工夫して使いやすくする必要がありますが、それさえしっかり意識すればコストパフォーマンスは非常にいいスマートフォンのセットであるとまとめることが出来るでしょう。問題は格安スマホとして見た時には、ZenFone5やBlade Vec 4Gなどのその他ミドルレンジスマホの格安スマホセットがお買い得であるため、どうしても親子2台で揃えたい・イオンの親子スマホの契約が使いたいやり方にぴったりくるという理由がない限りは、お買い得ではありますがそれほど強くオススメ出来る類のものではありません。

もうすぐイオンスマホ第4弾が富士通製スマートフォンで発表されることから、そちらの評判等を聞いてからもう一度比較検討しておくべきかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>