日本通信「b-mobile SIM 高速定額プラン」の速度と利用してみての評価レビュー・評判・感想

bmob

日本通信がこの度サービスを開始した「b-mobile SIM 高速定額」プランを試してみましたので、そのレビューをしていきたいと思います。

最近MVNOの間で注目されている、データ量に制限や規制をかけずにどれだけ使っても定額・速度も規制なしな「無制限通信プラン」というものがあります。

最初はぷららモバイルLTEが始めたプランで、速度は3Mbpsまでに制限されているものの、それ以外、つまり利用するデータ量には一切制限のないプランというものが登場しているのです。3Mbpsという動画がギリギリ見れる程度の速度に抑えることで、高速での大容量通信を抑えて、サイトを見たりなどのスマートフォンにおける一般的な使用に限定される速度を提供することで、他のMVNOが設ける2GBと5GBというようなデータ量の制限というのを無しにしています。

そしてその次に出てきたのがU-mobileの無制限通信プランです。こちらはぷららモバイルLTEと同じ無制限通信プランですが、ぷららと違うのは3Mbpsという速度制限の無い「本物の」無制限通信プランとなっています。ただ実際は3Mbps以上の速度が出ることはあるものの、契約者全体の通信量が増えるとそれ以下の速度を出してしまうこともあり、名ばかりの無制限通信プランというのが実態です。

この2つに続く無制限通信プランを登場させたのが今回レビューする日本通信の「b-mobile SIM 高速定額」プランです。こちらはUmobileと同じく、ぷららのような速度制限のない完全な無制限通信プランになっています。動画や連続通信系の行動をとると規制されるようですが、月額にしても最安値で条件も良い内容にはなっています。

このプランが実際どこまで使いやすいプランになっているのかを今回は実際に使ってレビューの感想を書いていきます。

スポンサードリンク

 

料金プランの比較

日本通信の「b-mobile SIM 高速定額」のプランそのものの内容を、他の無制限通信プランと比較してみます。無制限通信プランの中では最安となっていて、規制も少ないとされています。他のMVNOよりも一応500円以上は安くなっていて、実効速度を無視すれば一番コスパが良いのがこの日本通信のプランです。

日本通信 ぷららモバイル U-mobile
料金 1,980円 2,760円 2,480円
速度規制 3Mbpsまで 特になし 特になし
通信量制限 特になし 特になし 特になし
規制 特になし P2Pやストリーミング利用時に規制が入る可能性あり 3日1GB規制が非公式で入っているのが確認できる
その他 音声プラン800円プラス 音声プラン700円プラス

音声通話も同時に契約することが出来て、この回線で通話することも可能です。MNPにも対応しているので、キャリア回線の高額なプランからの移動先として一つ考えられるかもしれません。

 

プランのその他の特徴は以下の通りになっています。

  • 音声プランは800円(税抜き)追加
  • 解約金は音声プラン追加時のみ5ヶ月間の最低利用期間で8,000円
  • オプションには「留守番電話:300円/月」、「キャッチホン:200円/月」などあり
  • 「連続通信(大容量のデータ通信、動画、ストリーミング、P2P)には規制をかける可能性あり」と明記
  • 1,180円からの3GBプランも用意

ただこのプランの違いだけ比較してもそれほど有意義ではないでしょう。というわけで実際にどの程度速度が出て、使いやすいのかを詳しく検証していきます。

 

速度のほどは・・・

スピードテストアプリでちょっと計測をしてみましたので、それの画像と体感としての速度について語っていきます。

計測したのはあえて混雑しやすい時間帯を選んで、18時と21時からの通信速度を測ってみました。

日本通信の速度

この画像を見るとやはりぷららモバイルLTEの定額無制限プランと同じように、良くて3Mbpsぐらいが期待できる速度なのかな、と思います。

意外と速度が出ている反面、異常にpingが高い、というよりも高すぎています。pingが高いとどうなるか。pingというのはネット回線の安定度の簡単な指標のようなもので、この数値が低ければ低いほどいいと言われています。高いとどうなるかというと、ネットゲームなんかだと「ラグ」と言われる体感できるレベルでの遅延が発生します。ゲームをやらない場合でもpingが高いとネットを見ようとアプリを開いてからと、実際にインターネットに繋がってパケットが流れるまでに時間がかかってしまいます。

こういうモバイル回線だと多少は無視できる数値ではあるんですが、ここまで高いと体感として確実に「遅さ」を感じるでしょうし、実際感じてしまいます。

 

実際に使ってみて

ただ遅さは感じるものの、実際のところは適当なwebサイトを見るぐらいなら困りません。遅く感じますが、この程度の体感だったら他の格安SIMや無制限通信プランとそれほど変わらない、というのが実感です。むしろもっと遅いと思っていたので、意外にも使えているのにびっくりしています。

あまり速度が安定していない印象がありますが、通常のネット利用だと体感するほどのものでは無いかもしれません。一方で動画のように長時間通信をしなければいけないものなどはあまり適している感じはしません。結構動画は止まってしまう印象があります。動画にもよるのですが、高画質が維持されているような動画、回線状況によって自動でレートを落とさないような動画はぶつ切りで再生されるので見れたものではないです。低中画質の動画でないと難しめな印象がします。

特にニコニコ動画のように、pingの高い回線ではタイムアウトしがちな動画サービスは、この回線ではどんなにリトライしても接続すら出来ませんでした。やはりpingが高いと一部のWebサービスでは十分なサービスを受けられないものも出てきてしまいます。

それと再起動や一度電源を落としたりしたときには、音声通話契約をしていないとSMSオプションに非対応なことから、LTEの電波を掴むまで時間がかかります。ただでさえpingが高くLTEの回線でそれを和らげたいところなのに、それが出来ないのが今のこのSIMの状態です。

 

画像、動画が荒い

数値の見かけよりは意外と使えてしまうこの日本通信の「b-mobile SIM 高速定額」プランなのですが、それ以外の部分では結構変なところが目立つ格安SIMです。変なところというか手の抜いている部分というのでしょうか、少しでも体感速度を上げようとしているのか、画像や動画が本来のファイルサイズよりも小さくなっています。そのため、ファイルサイズが小さくなっているので、画像も動画もかなり荒い感じが強くします。

例えばこれはdocomoの回線を使ってダウンロードした画像の拡大部分です。

docomoの画像

 

そしてこちらが日本通信の回線でダウンロードした画像の拡大です。

日本通信の画像

同じ画像、同じ文字なのに、docomoのほうは見やすいなめらかな画像になっていますが、日本通信のほうではちょっと荒い文字のように見えます。実は昔から日本通信は、動画や画像にこうした規制をかけていて、今回の格安SIMも同じようにサイズを落として画像を表示するようになっています。このレベルだとあまり気にならないかもしれませんが、最初から荒い画像だともっと荒くなってしまうので、意外に画像系コンテンツを楽しむときには弊害が大きいSIMです。

 

3日1GB規制は今のところ確認できず

現在このSIMを実験的に使って2日ほど経っており初日に2GB、2日目に800MBを使ったところですが、今のところ速度規制にかかっている形跡はありません。たまにとんでもなく低い速度を出しますが、同様にそこそこな速度も出るというバラつきを見せており、日本通信的な回線の挙動そのままになっています。

ここから判断するにU-mobileで実質的に発生している「3日1GB規制」は今のところ日本通信には存在していないというのがわかります。とりあえずは確実に「無制限通信」は実現できているようです。

使いすぎることによる速度低下は今のところ心配しなくていいと言えます。

 

webサイトを見るぐらいの人には安いからオススメ、それ以外にも使いたい場合はきつい

とりあえず今回使ってみての感想とこれがどういった人にお勧めできるのかをまとめてみたいと思います。

まずネットをする上で動画を見ないで適当にサイトを見たりするだけの場合は、ぷららやU-mobileよりも安いですし意外と速度もでるのでオススメです。Webサイト程度であればほとんど体感はぷらら級のものを今のところは味わうことが出来ると思います。この用途に限れば結構満足度は高いと思います。

一方で動画を見たり、ネットに接続してランキングやアイテムを取得するゲームをやる場合は、オススメできません。pingが高くてタイムアウトする危険性が多く、動画が読み込み画面のまま止まってしまったり、ゲームのアイテムが課金だけされてアプリ上に落ちてこないなどのトラブルが発生しかねない通信状態です。

そのためこうした「娯楽」をメインにしたスマートフォンの使い方を想定している人には使いづらいSIM契約になるとハッキリと感じます。単純にこの使い方では不向きと言える内容です。

ネットを軽くするだけだという人には1980円と低価格で通信量制限を気にしなくていい無制限通信プランとして、一定の速度も出ている今ならオススメしやすい内容になっています。一方では明らかにpingが高く、確実に不向きであると断言できる使い方があり、そうした不向きな動画やタイムアウトしてしまうことで不利益を被る操作をする場合にはとてもじゃないですがオススメできません。

この日本通信 b-mobile SIM 高速定額プランはご覧のようにかなりその使い方によって有用性が変わります。「娯楽」重視の使い方になると確実に不満やストレスが溜まってしまうでしょうが、LINEやサイト閲覧、Googleマップなどの短い時間での通信で操作が完了するような使い方でしたらある程度の満足感が得られる。そういう格安SIMだという評価が今回使ってみて下せました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>