IIJmio/BIC SIMの格安SIMを使ったビックカメラ/エディオン/ノジマの格安スマホ

bic

 

今回の格安スマホ特集はヨドバシ、ヤマダ電機に続いての家電量販店スマホの3回目です。ただ今回の3回目の家電量販店の格安スマホ特集は、複数の量販店の格安スマホセットをまとめて紹介したいと思います。その理由としてはこの家電量販店(ビック/エディオン/ノジマ)はセットにしているMVNOの格安SIMが全て共通だからです。

そのため大きな違いは扱っているスマートフォンと毎月の料金といった部分のみです。回線のレビューを共通に出来る都合で今回は3つの家電量販店の格安スマホをまとめて内容の考察をしてみたいと思います。

ネット上のショッピングサイトでも購入は出来ますが、基本は店頭での購入が適しているかと思われます。ポイントの付与や割賦が組みやすいなど購入に関するメリットがわずかではありますが存在しています。

格安SIMの費用は3つの家電量販店でそれほど変わりありませんが、購入するスマートフォンによって総額は変わってきます。

 

ビック/エディオン/ノジマのセット内容

まずこれらの家電量販店が販売している格安スマホの契約の中身と構成を紐解きましょう。

初期のころは月額2800円前後でスマートフォンが使えるという宣伝のされ方をしていましたが、日本で販売されるSIMフリースマートフォンの種類が増えた事で今では通信費+それぞれの端末代金という表記がされるようになりました。

 

採用されている通信回線はIIJmioのMVNO回線を利用しています。ビックカメラのみIIJmioがMVNEとなり独自のMVNOであるBIC SIMを使っていますが、中身はIIJmioと共通です。

IIJの料金コースは2GBのデータ通信料から契約出来て、最大7GBまでのデータ通信が可能なプランが用意されています。料金は最安で900円から。音声通話は+700円からとなっており、最も高いプランでも3260円からとなっています。

ここに家電量販店それぞれで販売されているスマートフォンをセットで購入する形になります。最終的にはそれぞれの金額を合わせてネットのみの契約だと端末代金合わせて月額2300円ほど、音声通話を利用したい場合は月額2900円ぐらいが目安となる毎月の料金です。

スポンサードリンク

IIJ回線の考察

それではビックカメラエディオンノジマの格安スマホに使われる格安SIMについて考えて行きましょう。

  • 回線はIIJmio
  • 速度制限は200kbpsも、バースト通信によって遅さを感じない
  • 非常に高い回線品質
  • BIC SIMはWi-Fiスポットも利用可能
  • MVNOの中では非常に満足度が高いSIM

MVNO回線はIIJmio

これら3つの家電量販店でセットにされて販売される格安SIMはIIJmioが提供している格安SIMになります。ノジマとエディオンはIIJmioの純正MVNOを、ビックカメラはIIJmioをMVNEとしたBIC SIMというオリジナルMVNO回線を用意しています。

 

IIJmioのクオリティはMVNOの中でも屈指

このIIJの回線は、MVNOの数多くある回線の中でも頭一つ飛び抜けた非常に高品質なMVNO回線です。かなりのユーザーが契約していて、利用コースも2GBのデータ通信量とかなり通信されやすい環境にありながら、一定の速度を保って通信する事が可能です。恐らくしっかりと予算をかけてdocomoから通信帯域の購入をしてきているのでしょう。

この帯域と呼ばれるMVNOがdocomoから借りている総通信量とでも言うべき値が、大きければ大きいほどユーザーの大量接続が行われても速度を保ったまま安定した通信が出来ます。ですがこの帯域を確保するためにはそれ相応の費用をかけてdocomoから帯域借り入れとして購入しなければいけません。これを怠ってしまうと速度の低下や接続がし辛くなるなどの、通信品質の劣化が起きてしまいます。MVNO事業にお金をかけないところは、よくこの通信品質の問題で批判的な評価がされています。

IIJmioはこの点において、MVNOの中でもトップレベルで費用をしっかりかけて安定した通信が出来るように帯域を充分に確保しています。満足度調査でもOCNとIIJmioは常に上位に位置していることからわかるように、ユーザーからの評価が非常に高い「選んで後悔しない」MVNO回線です。

 

バースト通信やWi-Fiスポットで幾重にも快適な通信環境が用意されている

単純な通信品質の良さだけで無く、IIJmioがユーザーの中で高い評価をあげているのは、細かな利用方法に気が使われているからです。

その最たるものは通信速度規制にかかってしまった後、もしくは高速バンドルクーポンをオフにした場合に使う事になる200kbpsという低速回線状態でも使い易くなる「バースト通信」というサービスが挙げられるでしょう。

 

バースト転送」とはどういうものか。
低速回線ではブラウザでサイトの読み込みすら時に困難になりがちな速度です。ちょっとした調べものにすらイライラしてしまいます。IIJmioではそうしたユーザーが体験する非利便的な利用体験を少しでも解消しようと「バースト転送」というサービスで低速回線でも快適に使えるように工夫しています。

「バースト転送」とは例え低速通信の状態で利用していても、通信開始の最初の約3秒ほどは速度制限のない高速通信と同等の速度を瞬間的にですが出す仕様の事です。このバースト通信はかなり体感での速度を速めてくれて、他の200kbps制限のSIMと比較しても使っていてかなりの違いを感じることが出来ます。Webサイトを読み込む場合も最初の数秒で大体の情報を読み込んだ後に200kbpsへと落ちるため、大体の文章やサイトレイアウトなどが既に読み込まれた状態になり、残りは記事に貼られている画像の読み込みを低速回線で行うというような形になります。画像を見る必要がなく文章だけを読みたい場合には高速通信状態と変わらない速度で楽しめるため、低速回線を使っているという実感が体感として感じにくい仕様になっています。

こうしたバースト転送というユーザー優位の仕組みを作っているのは今のところIIJmioのみとなっていますので、使っていても安心感と信頼感を感じることが出来ます。データ通信量を使いすぎて低速回線に落ちてしまったとしても、こうした仕様のユーザーフレンドリーな仕様のお陰で快適な格安SIM利用が可能になっています。

 

また同じIIJmioを使った回線として、ビックカメラが用意しているBIC SIMは無料でWi-Fiスポットへ接続する事が可能なサービスをしています。これが使えると対応店舗や商業施設などで、データ通信量を消費することなくある程度の安定した速度でネットへ繋ぐ事が出来るようになります。

 

満足度が高くて安定の格安SIM

IIJに関する評判や口コミを再びクラウドソーシングで集めてみたので、そちらからIIJの評価などを感じ取って頂ければと思います。

・IIJについて感想を、ということなのですが、2つの結論を出せます。
速度が速く、ping値も低くレスポンスもいい、とてもいい格安SIM「だった」
なのに最近は速度が遅くなるようになった

この2つの評価が私が今までIIJを使ってきて出せる感想です。IIJは1年半ぐらい使ってきていましたが、本当に速度がしっかり出て(5Mpbsは常時出せていた)、不満が無かった格安SIMでした。おまけにサービスの更新も速く、最初契約した時は500MBしか通信量がなくて1000円の契約料金だったのですが、今では900円で2GBの通信量が貰えるようになっています。
このユーザー志向とでもいうべき姿勢は、契約して良かったと思わせるものです。ドコモから乗り換えたのですが、当時も今もドコモにはこういう姿勢は一切ありませんでしたから。
非常に満足して使っていたこのSIMなのですが、最近は混雑の頻度が増してきて3Mbpsの速度を割る日も出てくるほど速度低下が目立つようになりました。
ネット上での人気格安SIMとして紹介されている影響か、だんだんと速度に勢いがなくなってます。別に困るレベルではありませんが、やはり過去を知るものとしては残念な気分になります。
ですがユーザー志向に強い会社なので、もう少ししたらテコ入れでもして速度が復活するのではないかと感じています。

全体的な評価としてはやっぱり満足度は高いです。速度が落ちたのは最近ですし、それまでの環境や対応を考えたら不満に感じるところは非常に少ないです。これからも使い続ける予定なので、期待している格安SIMです。

 

ビック/エディオン/ノジマ端末の考察

さてここからようやくビックカメラ/エディオン/ノジマで販売されている格安スマホの端末について比較したいと思います。
とりあえず販売されている機種をスペック表で比較してみましょう。

 

端末名 Ascend P7 ZenFone 5 LG G2 mini Ascend G6 CP-F03A
Android OS 4.4 4.4 4.4 4.3 4.4
チップセット Krin910T Snapdragon 400 Snapdragon 400 Snapdragon 400 Snapdragon 400
ROM/RAM 16GB/2GB 16GB/2GB 16GB/1GB 8GB/1GB 8GB/512MB
画面表示 1920×1080(フルHD)
5インチ
1280×720(HD)
5インチ
960×540(QHD)
4.7インチ
960×540(QHD)
4.5インチ
960×540(QHD)
4.5インチ
バッテリー 2500mAh 2110mAh 2370mAh 2000mAh 2300mAh
メインカメラ 1300万画素 800万画素 800万画素 800万画素 500万画素
LTEネットワーク 2100/1800/900MHz 2600/2100/1800/900/800MHz 2100/1700/800MHz 2100/1800MHz 非対応

 

端末名 Ascend P7 ZenFone 5 LG G2 Ascend G6 CP-F03A
端末代金 39800円 26800円 34800円 29800円 18850円

 

これだけの数がある格安スマートフォンですが、結論としてはZenfone 5以外はよほどのことがない限り選ばなくていいです。

このスマートフォンのラインナップの中で、価格が2万円を超えるもので高性能なスマートフォンを探した場合、Zenfone5以上のコスパを見せてくれる格安スマホは残念ながらこれらの家電量販店のスマホでは存在していません。

税込価格で28000円以上して値段が高いかと思われるかもしれませんが、このスマホは不具合も少なく非常にサクサクして軽いスマホの一つです。多少は高いと感じても満足度は価格以上のものを与えてくれます。

家電量販店で格安スマホセットを買うならZenfone 5一択と言えるでしょう。

 

解約金について

解約金については2種類あります。

端末代金の分割支払いの残債と、IIJの音声プランを契約した場合で12ヶ月以内に解約した場合です。

端末代金をもしも分割で12回なり24回払いにした場合は、これを解約後も支払い続けなければなりません。一応高いものでも4万円程度なため、一括で購入する機会のほうが多いと思いますが、分割で支払っている場合はこの支払いの存在を忘れてはいけません。

IIJの音声プランを契約した場合は解約金が12ヶ月間付いてきます。データプランの場合は解約金がありません。

解約金は最初の契約月が12000円です。ですが月を重ねるごとに1000円づつ解約金が免除されていきます。6ヶ月目の契約で解約した場合は6000円という具合です。こうして12ヶ月目の契約で解約金が0円になります。またそれ以前の解約でも徐々に解約金が減っているため、普通のキャリア契約よりは安い解約金で済む場合が多いでしょう。

 

まとめ:Zenfone 5の存在で選択肢は絞られ、格安SIM最高の品質であるIIJの組み合わせはベストの一つ

せっかくの3つの家電量販店の格安スマホについての比較にも関わらず、コストパフォーマンス最高のZenfone 5が登場してきた事によって、あえて詳細な比較をするまでもなく選ぶべき端末はZenfone 5以外に無いというのが現状です。

どうしても予算の都合があわずもっと安いものにしたいという理由でも無い限り、まず外れのない機種としてZenfone 5を買っておけば大丈夫という結論になってしまいます。せっかくな比較記事にも関わらず残念な結論ですが、実際に公正に判断するとそう評価するしかありません。

ポイント還元は基本購入金額の1%ほどと他の商品よりも低めです。まれに特定店舗のみで10%還元をセールでしているというのが現状です。

とりあえずこのビックカメラ/エディオン/ノジマの格安スマホは、MVNOを今のところIIJを採用しているため、SIMについて不満が出ることは少ないと思います。そこに最近端末でも不満が出にくいZenfone 5が出てきたことで、死角のない格安スマホセットになってきました。実際のところ現状の格安スマホではベストに近い組み合わせを実現できるので、オススメしやすいセットです。ただどうしても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>