299円の格安SIM!freetelが新MVNOサービス「使った分だけ安心プラン」を開始

freetel

freetelが新しい格安SIMサービスの発表をしました。freetelブランドはTUTAYAの格安スマホとしてtoneモバイルに一本化されたと思っていたのですが、新たにfreeteleブランドの名前を使ったSIMカードを発売するようです。toneモバイルはfreebitの扱いになるんでしょうか。このグループは謎です。

新しいSIMは「freetel 使った分だけ安心プラン」というものです。月額299円から始まるプランで、使った分だけ料金が上がる仕組みです。U-mobileのダブルフィックスプランやb-mobileのおかわりSIMに近いプランです。どちらも評判のよろしくないMVNOが出してるプランというのは気になります。これらのMVNOと同じような品質にはなってほしくないですね。この辺りfreetel側も自覚しているようで、回線品質を維持するために独自MVNO化するようです。

この他オリジナルの格安SIMフリースマホを発表したりと、これまでのfreetelとはちょっと一段上の好意的な評価の下せる姿勢へと変化が起きているようですので、期待を込めて今回の新SIMプランを取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク

299円/100MBの激安データプラン

まず新たに始まるfreetelの格安SIMである「freetel 使った分だけ安心プラン」の解説を始めていきましょう。

このプランは最安で299円というこれまでの格安SIMの中でも最安値を更新しています。使えるデータ通信量は100MBまでという形にはなりますが、通信料としては安すぎる料金になっています。その他では1GBで499円というこちらも最安値を記録しているほか、10GBまでの料金プランを用意しています。残りは以下の表をご覧ください。

100MB 1GB 3GB 5GB 8GB 10GB
データプラン専用 299円 499円 900円 1520円 2140円 2470円
データ(SMS付き) 439円 639円 1040円 1660円 2280円 2610円
音声+データ 999円 1199円 1600円 2220円 2840円 3170円

非常に安い料金になっている格安SIMですが、注意点もあります。このプランはそれぞれのデータ通信量のプランを決めて契約するのではありません。1つの「使った分だけ安心プラン」を契約する形になっており、料金はほぼ従量制と言ってもいい内容で、まさしく使った分だけの料金がかかります。つまり先月は1GBも使わなかったから499円だったけで、今月は10GB使ったから2470円かかるという形の非定額プランなのです。

なので通信量をアプリなどで監視するなどして気を付けないておかないと、本当は1000円以下で使いたいのに1000円以上の支払いが毎月データ通信量の使いすぎで発生するということになります。

発表段階では、この従量制プランをあらかじめ何GBまでで抑える、というような機能はSIM側にはなく、例えば1GBで抑えたい場合はユーザーが自分で通信量をチェックして、1GBに到達する前に低速モードにして高速通信のデータ通信量を使わないようにするといった工夫が必要です。低速回線通信ならば、今の発表時点ではデータ通信量の消費にはカウントされないため、手動切り替えのみではありますが、一定のデータ通信量に抑えることが可能です。

最安値ではあるものの、定額制の他社MVNOに比べて使い方次第で想定していた料金を越えてしまう危険性があるという点に注意が要ります。

音声プランには解約料などは設定しておらず、MNP弾向けの対策しかないとされています。

 

独自のL2接続

今回freetelの意気込みが感じられる変化として、これまでU-mobile回線をMVNE元にしてきたfreetelが、このSIMからはMVNE元を介さずにレイヤー2接続と呼ばれる独自の通信網を構築するMVNOとして活動することを明らかにしています。これによって通信が混雑しやすい時間帯などには、独自の帯域制御などが可能になり、ただMVNE元にぶら下がっていた頃に比べれば、回線品質の改善という部分で手を加えやすくなりました。

これまで使っていたUmobile回線では速度で満足いくものは確実に提供出来ていなかったようで、独自管理のMVNO回線を使うことで時間帯による速度低下などを防いでより快適な通信環境を提供する、と宣言しています。実際にどこまで出来るかはわかりませんが、期待値の高い宣言であるでしょう。

ただしこの場では通信の最適化についても触れられており、動画や画像、または特定アプリへの通信に一定の規制などを設けるようで、画像や動画のモバイル回線経由でのダウンロードやアップロードはファイルサイズが縮小される可能性があります。

 

Android端末とWindows Phone端末を投入

このSIMプラン発表と同時に、複数のオリジナル端末を発売することも発表しています。OSにはAndroidはもちろん、MADOSMAによって市場が復活したWindows Phoneという2種類のスマートフォンと、シンプルなフィーチャーフォン、そしてまだ不明なことも多いものの、ガラホの発売も予定していると発表されました。

スマートフォンは「SAMURAI」シリーズとして展開していくようで、新製品には「雅(MIYABI)」と「極(KIWAMI)」のコードネームをもったスマホが発売予定です。Windows Phoneには「KATANA」というコードネームが与えられています。

freetelはこれまでも端末発表はしているものの、何度も延期を繰り返したり、提携したメーカーが他社にもっと安い価格での販売を許したりと、オリジナルスマホ路線がなかなかうまくいっておらず、今回も細かいスペックの詳細が発表されなかったりと、計画は色々と実施しているようですが、今回発表された内容の全てが2015年中に発売となれば一応の成功とみてもいいでしょうか。

端末に関しては今回の発表の仕方から、まだ実用性などについて考えるのは早いような気がします。詳細スペックと発売日が正確に決まるまでという感じでしょうか。

 

まとめ:L2接続の本気度はどこまで実を結ぶか

とりあえず今回のfreetelの発表からは、端末について過度な期待や予想をしても仕様がコロコロ変わるため、意味はあまりないでしょう。今回は新しい格安SIMの料金プランや本気度の方に注目をするべきでしょう。

MVNOの速度低下問題に切り込み、それを改善する手だてとしてMVNOを大手事業者から借りずに自前で回線を管理するL2接続に変えることで、どれだけ品質という部分でMVNOに抱く不満というのを解消してくれるのか、期待がかかります。

今回の発表ではfreetelという会社が目指している目標がかなり高い部分に位置しているのが伝わってきて、それが実際にどのレベルまで満たせるのかこれから期待したいところです。料金プラン的にはいわゆる従量制の罠こそありますが、料金的には良心的な最安価格に近いため、プラン面での不満はないでしょう。あとはどれだけ速度を出せるのか、これからサービスが始まったら注目したい部分ではあります。

3 件のコメント

  • おぁ、従量制、僕が望んでいたプランです!
    (*゚▽゚*)
    500MB、1.5GB、2GBくらいの細かい設定が欲しいところです。
    ただ、会社自体がよくわからないところなんで、まだ、乗り換えまでは考えられないですね・・・。

    • 完全に新しい回線に切り替わったので実際に使ってみないと乗り換えは推奨できませんね。確実に面白いMVNOだと思いますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>