goo simsellerのZTE Blade Vec 4G、22500円格安スマホセットのお買い得度とレビュー

goosim

goo simsellerで発売されてる格安スマホが今回の取り上げる話題になります。低価格かつ優秀な格安SIMを使ったセットです。このセットについてメリットやデメリット、その特徴を考察していきましょう。

購入はNTTコムストア goo simsellerから購入可能です。店頭販売はされていません。

goo SimSeller

 

端末代金は一括払い、毎月の料金は格安SIMの利用料金のみとなります。音声通話の方法が通常のdocomo網を使った方法ではなく、IP電話オプションとなります。そのため解約金は常にかからないようになっており、利用最低期間については定められていません。だからこその端末代金一括払いが必要なのでしょう。

 

goo simsellerの格安スマホセットの内容

まずこの格安スマホについてですが、厳密に言うと格安スマホではありません。これはgooがNTTコムストアで格安SIMとSIMフリースマートフォンの2つをセットで販売することで、格安スマホのように仕上げて販売しているものです。ですから端末は一括支払いでの購入が必要ですし、セットでくっついてくる格安SIM(OCNモバイルONE)は実際のところ開通しなくてもいい仕様になっています。

OCNモバイルONEは最安月額900円で使えるデータ通信専用の格安SIMです。音声通話プランは用意されていないため、基本的にどのプランで契約しても解約金はかかりません。音声プランの代替として、NTTグループが推進している050+へ加入することでデータ専用の格安SIMでも通話が出来るようにしてあります。

 

毎月の通信費用はOCNモバイルONEを開通させた場合に、そのプランによって月額が変わってきます。基本的にこの格安スマホもどきセットは、端末として販売されているBlade Vec 4Gを購入したら、おまけでOCNモバイルONEの未開通SIMが付いてくるため、通信環境がない場合にこのSIMを利用すると格安スマホのようになるという形になっています。

 

スポンサードリンク

 

回線の考察

この格安スマホもどきセットで使われる回線はOCNモバイルONEです。OCNモバイルONEについては過去の記事でオススメSIMとして紹介しているので、大体のことはそちらに書いてあります。ここではそれ以外の内容について考えてみたいと思います。

 

ちなみに過去の記事はこちらです。

MVNOの比較は不要!オススメの万能型格安SIMを厳選4種類紹介 これを選べば満足できる! | 脱携帯キャリア宣言

  • 開通する必要はない
  • 通話は050+で

 

契約をするのは任意

今回のgoo simsellerの販売は、あくまでも格安スマホもどきであるSIMフリースマートフォンと格安SIMの個別製品をセットにして売っているという体裁をとっております。そのため販売価格はスマートフォンの端末代金のみになっていて、格安SIMはおまけ的に未開通のパッケージのみがセットにされているという形です。

このgoo simsellerセットは、goo similarとの関係は払い切りで端末代金を支払うところまでで、OCNとの契約まではサポートしていません。OCNモバイルONEのSIMカードがセットになってきてはいますが、開通するかどうかは購入者の判断であり、契約はgooとは関係のないOCNと改めて行う必要があります。

 

一見不思議な販売方法ですが、今回の端末Blade Vec 4Gは本来定価29800円するスマートフォンです。それがこのgoo simsellerのようにセット販売を行うことによって、端末代金を22500円へと値下げすることが出来ています。これについては端末の考察のところで行いますが、SIMフリー端末の販売と格安SIMの販促が同時に行える可能性があるため、今回のように開通不要のセット販売でも積極的に値下げをしながら売ることが出来るのでしょう。

そのため今回は別にOCNモバイルONEをMVNOとして利用する必要性はありません。IIJやBIGLOBEをまた別に契約しても構いません。

 

通話は050+

OCNモバイルONEを格安SIMとしてせっかくだから使おうとした場合、一つ注意しなければならないことがあります。最近の格安SIMではどこのMVNOも音声通話プランも用意しているものなのですが、OCNモバイルONEでは050+というサービスをNTTグループが推進している影響か、音声通話は全てこのIP電話契約からされることになります。

 

IP電話でも特に普段の生活では困ることはありませんが、利用する番号が「050発番」になるということ、災害とMVNOの時にも書いたように状況次第では通話のしづらい状態になってしまう可能性があります。

どうしても携帯電話回線を使った090、080番号を使いたいという場合は、OCNモバイルONEは不向きな回線であると言えます。

 

速度は非常に優秀

OCNモバイルONEの通信速度については、これまでどこのページでも出していなかったので、ここで出しておきましょう。今回の速度測定はクラウドソーシングで調べてもらった結果になります。

 

下り:11.2Mbps/上り:23.3Mbps
下り:13.8Mbps/上り:11.9Mbps
下り:13.0Mbps/上り:24.6Mbps
下り:18.2Mbps/上り:21.7Mbps
下り:16.4Mbps/上り:18.4Mbps

 

端末の考察

このgooの格安スマホはSIMフリーのスマホに格安SIMがセットになるというもので、端末の販売がメインになっています。端末は格安スマホの中では非常に優れた性能を持つ「ZTE Blade Vec 4G」です。このスマートフォンについては各所で高評価を出していますので、端末の詳しいスペック説明などはそちらを読んでおいて下さい。

今回はgooのセットを何故勧めているのかそのポイントについて解説しましょう。

 

販売価格22500円は定価よりはるかに安い

このNTTコムストアから発売されているgooのセットスマホ「Blade Vec 4G」は、一般的に発売されているBlade Vec 4Gよりもはるかに安い価格で売られていることが特徴として挙げられます。

定価が本来29800円で、それに合わせてヨドバシカメラやヤマダ電機でもその価格で販売しているのですが、何故かgooは開通する必要のない格安SIMとセットで22500円という低価格販売を実施しています。この価格は一括支払いで購入できるBlade Vec 4Gの価格としては間違いなく最安値です。この価格に対抗出来るのは、So-netの2年契約前提の格安スマホしかありません。

2480円のSo-net格安スマホ「Blade Vec 4G」の考察、口コミ評判とレビュー | 脱携帯キャリア宣言

So-netは実質価格自体はgooよりも安いですが、gooが払い切りなのに対して2年契約を満了しないとその価格にはならないため、単純な定価として出すならばgooのBlade Vec 4Gが最安値であると言えるでしょう。

 

この安さでSnapdragon 400、RAM1GBの端末が新品で手に入るのは貴重な事かと思われます。コストパフォーマンスはSIMフリースマホ販売の中でもトップクラスの内容です。

gooの内容のメリットはこの価格の安さという1点に尽きます。Blade Vec 4G自体別の記事で書いてあるとおり、サクサクと良く動いて安いのに出来のイイスマートフォンです。それが更に安く買えてしまう販売をしており、Blade Vec 4Gを購入するならここかSo-netの2択という状態です。

 

解約について

この格安スマホについては最初にも書いていますが、解約金という概念はありません。

購入時に端末代金を一括支払いしており、格安SIMも開通する必要なく、開通したとしても解約金の存在しないデータプランのみが運用されているため、解約金が発生する余地のないプラン・購入方法になっています。この問題についてはgooでの購入には心配いらないでしょう。

 

まとめ:ミドルスペックの良機を低価格で買えるチャンス

これまでの格安スマホとは契約が必須ではなく、白ロムを安く買えるという方が正しい向きもしますが、SIMフリーでテザリング運用もWi-Fi運用も可能なBlade Vec 4Gが22500円で購入できるのは恐らくここだけなので紹介をしておきました。

同じスマートフォンを購入しようとした場合、ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・freetelからの購入になるとgoo simsellerと比較して高くなってしまいますので、Blade Vec 4Gを買うならSo-netからの2年契約か、今回のgoo simsellerNTTコムストアモデルを購入するのがいいでしょう。通常の定価以下で正規版を購入できるのは今のところこの2つの方法しかありません。

決してハイスペックな機種ではありませんが、ミドルレンジの性能を持つ比較的操作しやすい安定したスマートフォンです。これを使って格安スマホ生活を始めようとしていた人は、購入店の候補として考えておいたほうがいいかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>