みおふぉんのメリット/デメリット、MNPで乗り換える費用とスマホ代の節約方法・評判

miopho

今回はキャリア契約からMVNO格安SIMの音声通話回線へと切り替えた場合に、いくらぐらいの節約が可能なのか、そして電話番号そのままにのりかえるMNPをした場合に、どれだけの契約までの費用がかかるのかを検証してみたいと思います。

今回は代表的な格安SIMの存在であるIIJmioのみおふぉんを例にとって計算しますが、ほぼ全てのMVNOの音声契約回線への移行に使える知識だと思いますので、確認していただければと思います。

 

みおふぉんへのMNPによる節約

毎月の携帯電話・スマホ代を節約しようと考えたときに、恐らく目に入る情報として、「格安SIMに乗り換える」という方法がスマホ代節約の方法として提示されていることでしょう。その中でも有名なものとしてIIJmioの格安SIM「みおふぉん」へ乗り換えるという方法があると思います。

この方法で実際に毎月のスマホ代が安くなるのかなど、気になりつつも実行へは中々移せないという人もいることでしょう。結論としてはこの方法を採ることで、毎月の携帯料金はかなり安くすることが出来ます。

キャリア回線からみおふぉんへの変更で、月々の携帯料金は場合によっては6000円以上節約することが可能です。今回のこの記事の中では、その具体的な方法と金額について説明すると共に、みおふぉん及び格安SIMへ乗り換えることで起きるデメリットなどについての注意喚起を行い、安くなってメリットだらけの方法ではないことも説明します。

スポンサードリンク

みおふぉんとキャリア回線の比較

みおふぉんとキャリア回線についてをこれから比較していきます。

みおふぉん含む格安SIMの回線は、MVNOと言われる事業者になっており、docomoやauから回線を借りて、それを安く再版して売っているという商売をしています。このMVNOの回線自体はdocomoやauのものなので、エリアや理論値の通信速度は同じです。MVNOの格安SIMだからといって、通信エリアが狭いというわけではありません。

MVNOはこのdocomoの回線を使ったものと、auの回線を使ったものがあり、どちらもエリアなどは共通しています。主な違いは料金と後は速度の出方という点です。

 

みおふぉんの毎月の費用を詳しく

実際に一番気になる費用についてを比較しましょう。キャリアの通信回線は契約方法によって料金がまるっきり変わるので、中々比較はしにくいのですが、最も基本的なプランでの比較をしてみましょう。

単純な料金での比較ではこうなります。

比較 MNOキャリア MVNO
通話基本料 2700円 700円
ISPサービス 300円 無し
データプラン 3500円 900円
合計 6500円 1600円

みおふぉんは基本プランだけの契約で済むので、1600円で音声通話とネット通信が使えます。対するキャリア回線は音声通話だけで2700円、それにデータプランやISP契約というものが絡んできます。

この表をみれば、わざわざ詳しい説明をするまでもなく、料金だけみればみおふぉんを使う方がスマホ代は安くなる、というのがわかるかと思います。既に結論としてみおふぉんへのりかえた方が安くなるとしていますが、実際の料金を見てみるとその効果がよく分かると思います。

この回線で使える機能を比較すると以下のような違いになります。

MNO MVNO
通話料 定額制 30秒/20円
データ量 2GB~ 3GB~
その他 キャリアメール 特になし

電話・通話を沢山する人にとってはキャリア回線のほうが場合によっては安くなることもありますが、電話をあまりせずネットを中心に使う人にとっては、データ通信量の比較ではみおふぉんのほうがキャリア回線よりも1GBも高速通信の容量が多くなっています。

インターネット中心に使う人にとっては、みおふぉんのほうが料金が安いのにデータ通信量が多く、お得なだけでなく使いやすさも上という契約内容になっています。

このようにスマホの回線をキャリア回線からみおふぉんへとすることで、料金では大きく節約を果たすことが出来、それでいて通信量でもキャリア以上のものをプランによっては契約することが出来ます。

みおふぉんが注目を浴びる理由、格安SIMが注目を浴びる理由というのがこの料金の安さとデータ通信量の豊富さからわかると思います。

IIJmio公式⇒IIJmio「みおふぉん」

 

 

みおふぉんのデメリット

この料金の安さと通信量の多さを見れば、このみおふぉんや格安SIMが盛り上がるのも理解できるでしょう。ですがこのメリットを目にしてもそれほど多くの人がMNPしたりして移行している様子はありません。

その理由は、このみおふぉん及び音声付帯の格安SIMには安さなりのデメリットが存在しているからです。キャリア回線から移行できない人達はこのデメリットによって、高いままのキャリア回線を使い続けています。このデメリットを受け入れられるのであればみおふぉん/音声付帯格安SIMへのMNPは料金的に大変お得になるのでオススメしたいのですが、デメリットは数多く存在しているため、それが許容範囲でないと安かろう悪かろうな契約になってしまう可能性があります。

そこでここではみおふぉん/音声付帯格安SIMのデメリットをまとめてみるので、これらのデメリットが料金の安さに見合うものかというのを確認してみてください。

 

通話料の問題とみおふぉんダイヤル

みおふぉんを含むMVNO格安SIMでは、通話料がかかってしまいます。最近はようやくもしもシークスやNifMoで無料通話分付きの音声回線が出てきていますが、基本的にMVNOでは無料通話なしで通話した分だけ料金がかかる仕組みになっています。

30秒/20円で通話料がかかってくるため、通話をする人にとってはデータ通信料と基本料自体は安いものの、通話をした分料金がはっきりかかるようになります。1ヶ月に1時間の通話時間でも、良くて2400円、通話の仕方によってはもっとかかってしまいます。通話代を考えると場合によってはキャリア回線を維持していたほうが良いという結果になってしまいます。

ただこの問題はMVNO側でも少しでも安くしようと考えているようで、みおふぉんでは「みおふぉんダイヤル」という専用のプレフィックス通話アプリを用意して、通話方式や通知される電話番号そのままでに通話料だけを安くするサービスを行っています。これによって通話料は50%オフという高い割引を受けることが出来、30秒/10円という安さで通話をすることが可能です。プレフィックス通話のアプリはみおふぉんを提供するIIJmioの他、楽天モバイルやU-mobile、BIGLOBE LTE・3Gなんかも同様のアプリを提供しています。

みおふぉんの場合はこの他にも、ファミリーシェアプラン(SIM3枚/10GBをシェア)を契約した場合に、そのファミリーシェアプラン内の音声付帯サービス間の通話料を最大で20%オフにしてくれます。ここにみおふぉんダイヤルのサービスを使うと、最大で60%オフまで合わせて割引してくれるため、通話料は30秒/8円まで下げられます。これならば多少の通話時間ならばまだこちらの格安SIMの回線にメリットがあるということになりそうです。

通話料が常にかかってしまうのはデメリットではあるものの、それを補うメリット・サービスを用意しているところもあるため、比較的この問題は通話をしまくるユーザー以外は大きなデメリットにはならないかもしれません。

 

通信速度

みおふぉんを含むMVNOの回線は、どこもキャリアの回線を借りているため、最初から通信エリアや通話エリアはキャリアの通信網をそのまま使うことが出来ます。これによってエリアを心配する必要というのは全くいりません。

しかしエリアが共通だからと言っても、他の通信品質までキャリアと一緒という訳ではありません。MVNOは回線の帯域と呼ばれるものをキャリアから借りているわけですが、この回線の帯域には限度があります。

この限度を超える=利用者が同時に接続してトラフィックが増加、借りている帯域のキャパシティを超えてしまった場合に、MVNOは速度低下が起きてしまいます。キャパシティ以上の通信を裁く必要性が出た場合には速度を落とさないと、MVNOの場合には通信が維持出来ないという問題点があります。

現在この速度低下は、みおふぉんを含むほぼ全てのMVNOで確認することが出来、キャリアの回線による常時10Mbpsを超える速度というものはMVNOでは不可能になっています。

速度がキャリアの回線よりも大分遅い。これがMVNO格安SIMのデメリットです。

 

転送電話や留守電

これは最近のキャリア回線でもそうなってきているのですが、留守番電話や転送電話といった類の通話サービスが有料となっています。

 

メールアドレスが他社サービスを利用する必要あり

キャリアのメールアドレスが使えないということもデメリットの一つです。MVNOでは独自のメールアドレスを用意しているのは一部だけで、そのほとんどはPCメールという扱いになります。

MVNOでは基本的にこのPCメールがメールの利用方法になります。YahooメールやGmailといったものです。

これらのメールアドレスの利用自体は全く不便がないのですが、キャリア回線を使っている方の中には、迷惑メールをブロッキングするためにPCメールを受信拒否設定にしている人が結構な割合でいます。これによってGmailやYahooメールが一部の人に送れない場面が出てきます。

そのため、こうした方々へメールを送るには、キャリアメールの扱いになっていないとメールアドレスの変更通知すら送れないということになります。

キャリアの契約をしている人で、迷惑メール設定を強くしている人にメールが送りにくいという欠点があるということです。

 

LINEの認証問題

LINEの利用や一部の年齢認証が必要なアプリでもMVNOの回線の場合は問題が出て、一部機能が使えないなどの支障があります。

キャリア認証による年齢確認・利用者確認のあるLINEでは、MVNOではこの手続きが出来ないため、ID検索が出来ないなどの問題が生じやすいです。

一旦LINEの認証を全てキャリア回線側で済ませてから移行させたり、Facebookなどの別のサービスを使って認証をさせたり、今後対応させるというLINEの言葉を信じて気長に待つしか解決方法はありません。

 

店頭サポートがほぼない

またMVNOのほとんどがdocomoやau、SoftBankのように店舗での柔軟なサポート体制というものがありません。そのため何かわからないことがあった場合は、自分でネットなどを調べて解決しなければなりません。

この問題は資金力の差や契約者数の比率から言ってもMVNOには中々対応出来ないデメリットでしょう。

ですが一応みおふぉんに限っては、ビックカメラ内にて本当にある程度のサポートに留まりますが、対応をしてくれることがあるため、そうした点では他のMVNOよりも違っています。

 

それでもあるみおふぉんのメリット

キャリア回線ではなくみおふぉん及びMVNOの音声付帯サービスを選ぶことで、このようなデメリットが付きまとってしまいます。これらの問題は通話料のように一部デメリットとして影響が少なくなっているものはあるものの、キャリアの潤沢な資本や設備には敵わないため、どうしても全体のサービスは弱くなってしまいます。

しかしそうしたデメリットがあったとしてもこのみおふぉんには時にデメリット以上の価値があります。いわゆる「メリット」の部分になるわけですが、今回はそこの内容についてを説明していきます。

 

料金が安い

みおふぉんのメリットは何よりも安いということです。ここはキャリアにはない料金です。ある程度の特殊な契約をしない限りはこの料金では使えません。

データプランは3GB〜10GBまで使えて、最も安い料金では900円です。これに音声通話の基本料が700円プラスされて最低料金で1600円で使えます。

電話をあまりしない人にとってはこの基本料で使えるということは非常に大きなメリットでしょう。この料金でスマホが使えます。LINEなどの連絡がしやすいという理由でスマートフォンを使っているが、キャリアの月額料金分の恩恵は得られていないという人には、多少のデメリットを覚悟の上でこの回線契約に移っても、料金の部分で後悔はしないと思います。

携帯料金としてはキャリアと比べても毎月4000円以上浮く可能性も高いので、貯金や欲しいものも買いやすくなるというメリットも忘れてはいけません。

 

縛り期間が短い

もう一つ、キャリア回線にはないMVNO回線のメリットとして、解約金/契約解除料に縛られる期間が少ないという点が挙げられます。

普通キャリアの回線は2年縛りが付いてきて、しかも自動更新によって2年縛りがループします。契約解除料が無料になるのは特定の1ヶ月間のみで、ほぼ全ての期間は2年縛りに晒されてしまいます。

一方でみおふぉんの場合は縛り期間は1年間だけです。しかもこの1年間を過ぎた後は縛り自体が消滅し、いつでも契約解除料がかからずに解約やMNPすることが出来ます。非常に使い方に合わせて身動きしやすい契約体系になっていて、例えばみおふぉん以外の魅力的なMVNOの音声プランや、キャリアで面白いプランが出てきたときにも、1年間の継続利用後は契約解除料なしで他社のそうした契約へと移れます。

縛りを気にせずに契約できるのは、これkらのSIMフリー時代、SIMロック解除対応時代にはありがたい仕様でしょう。

 

通信速度をごまかさない

最後にもう一つ。先ほど通信速度についてはデメリットになるとお伝えしました。確かにIIJmioに限らずMVNOの格安SIMはどれも通信速度がキャリア回線よりも遅めになっています。これはMVNOの性質上仕方のないことです。

それ故に当サイトを含め今多くのサイトがMVNOを選ぶ基準として速度をその指標にしようとしています。この速度において、IIJmioはそれほど速くはないのですが、他社に比べてちゃんとした速度をスピードテストのアプリ上で示しており、数字への信頼やひいてはMVNOとしてちゃんとした運営をしているという信頼感があります。

というのも今この速度を重視する選び方が増えてきたことによって、ある弊害が発生しています。それはスピードテストアプリだけ速度が良く出るようにして、実際の速度は低速に規制されているという格安SIMが生まれてきています。見栄えのいい速度だけを見せて、実利用には通信速度の遅さを感じさせてしまうという、契約者を騙すような態度のMVNOが出てきているのです。

このためいくつかのMVNOは速度についてその点を考慮する必要があり、事業者としての信頼感も無いようなところが出てきているのですが、IIJmioはその点の心配はいりません。真面目な姿勢で運営をしており通信速度もごまかさない姿勢を貫いているので、信用できるMVNOの筆頭という点もIIJmioには一つ当てはまる評価になっています。

 

デメリットを超えるメリットに感じられるか

みおふぉん、およびMVNOの音声格安SIMへとメイン回線を移すことはデメリットが多いです。通話料は無料分がなくなり、一部の人とはメールのやり取りが難しくなってしまう可能性があり、何か契約やスマホに問題があったときに頼れるショップサポートなどが少ないという、これまでのキャリア回線のメリットが失われてしまいます。

しかし、こうした部分を犠牲にすることによって、毎月の通信費として4000円近くを月額料金として節約することが出来るメリットがあるのもこのみおふぉんの魅力です。スマホ代の節約が特殊な契約を前提としない限りは難しいキャリア回線と違って、単純な契約の時点で非常に安い音声+データのプランを簡単に手に入れられるのはキャリア回線にないメリットのはずです。

デメリットを享受して毎月4000円の通信費節約を果たす。みおふぉんへのMNPにはそれだけの価値があると思います。1年間で48000円の節約が出来ると考えられるのですから、これだけの金額があれば家具や家電製品の一つでも買えてしまうでしょう。デメリットはデメリットであるものの、節約金額の大きさを考えればみおふぉんへと契約回線を切り替えることは決して悪い選択ではありません。

スマホ代の節約、固定費の削減を考えていた方は、デメリットも考慮した上でこのみおふぉんへのMNPを考えてみてください。

 

みおふぉんへの移行手続き

以下ではより具体的にみおふぉんへと乗り換え・MNPする方法やMNPをする場合にオススメの方法などを解説していきます。みおふぉんへのりかえる際に参考にしてみてください。

 

キャリアのメールアドレスから次に使う予定のメールアドレスを伝えておく

まずMNPする前のキャリア契約中にやっておくことの筆頭として、キャリアメールを使って普段連絡を取り合っている人たちに対して、次に使う予定のGmailなどのアドレスを予め伝えておきましょう。こうすることでデメリットの一つであるメールの受信拒否設定で躓く前に新しい連絡先を伝えることが出来ます。

MNPでMNOキャリアからMVNOへと変更する前に、必ずこの作業はしておきましょう。またその際にMNPをするためしばらく電話とメールが使えない期間が生じることも伝えておくといいでしょう。

 

MNPにかかる費用

それでは具体的なみおふぉんへのMNP費用を解説します。

MNPにはMNOキャリアからの転出費用と、MVNOへの転入費用がかかります。主に大きな費用となるのは元居た場所であるMNOからの転出費用です。MNOキャリアの場合には2年縛りの更新月でない限りは契約解除料がかかるため、MNPにかかる費用は結構高額になってしまいます。

具体的に転出から転入にかかる主な費用を表にしてまとめました。更新月ではないということを前提にして、契約解除料が発生する料金を計算しています。

転出時
転出事務手数料 2000円
契約解除料 9500円
転入時
契約事務手数料 3000円
合計 14500円

大体15000円ぐらいは初期費用としてかかってしまいます。先程の毎月の通信料の比較のようにキャリア側の月額が高い場合には元をとるのに数ヵ月の利用で済みますが、キャリア側の月額によってはもっと長い期間必要になるかもしれません。

仮に4000円の差が生まれたとしたら、4ヶ月目以降からMNPの費用の元がとれて月額料金の安さの恩恵を得られます。

 

MNPの方法

MNPの流れは簡単です。「MNP予約番号」をキャリアで発行して、その数字と電話番号をIIJmioのHPで入力して契約を行う、という単純なものです。

MNP予約番号は電話番号をそのまま流用して他社へ移るために必要なものです。この番号と電話番号の2つの数字列がMNPには必要です。

MNP予約番号は基本的にドコモなら「151」、auとSoftBankなら「157」へ電話することで発行してもらえます。MNPする旨を伝えて予約番号を発行してもらいましょう。

そうしたらもうMNPの手続きの半分は終了したも同然で、あとはIIJmioのHPで他社からの乗り換え契約を選択して項目に情報を記入するだけです。契約はみおふぉんの場合音声通話があるためクレジットカードのみでしか受け付けていません。

後はMNPの手続きが完了するまで1~2日ほど電話の通じない期間が発生するため、なるべく余裕をもった時期にMNPするようにしましょう。

「みおふぉん」公式

 

docomoからのMNPがオススメ

次はみおふぉんへのMNPに適したMNOキャリアはどこか、ということを解説してみます。実はみおふぉんや音声格安SIMへのMNPには、向いている・向いていないキャリア契約というものがあります。

その中でみおふぉんにMNPするのに適したMNOは「docomo」です。

何故docomoがみおふぉんへのMNPに適しているのかというと、みおふぉんを提供するIIJmioの格安SIMがdocomoの回線を提供元としたMVNOを使っており、互換性があるからです。

みおふぉんのSIMカードはdocomoと互換性があることで、docomoで使っていたスマートフォンがそのまま使えます。SIMカードをdocomoのものからみおふぉんへ差し替えて、APN設定という通信パスワードを入力することで、新しいスマートフォンをわざわざ購入する必要なく、同じスマホを使い続けられます。

同じドコモスマホを使えるため、アプリのデータや電話帳を移す必要もないので本当に簡単に乗り換えることが出来ます。みおふぉんへと乗り換えて通信費の節約を図るなら、まずはドコモからのMNPが一番オススメです。

 

auとSoftBankユーザーはどうすればいいのか

みおふぉんはドコモと互換性があるため、ドコモのスマートフォンをそのまま使えます。ですが、auやSoftBankからのMNPだと、みおふぉんとは互換性がないためこれまで使っていたスマートフォンが使えせん。

対応策は2つあります。

1つはみおふぉんとセットで購入できるSIMフリースマホを一緒に購入する方法です。IIJmioではdocomoスマホを持たない人でも簡単に使えるようにと、格安かつ性能も結構良いHuawei P8 Liteというスマートフォンを用意しています。このスマホの販売価格は3万円以下という安さでありながら、かなり多くの用途に使いこなせてサクサクと動作するしっかりしたスマートフォンです。このスマホとセットで契約することで、毎月の支払は2年間上がってしまいますが、ドコモのスマホを持っていなくもこれなら低価格でみおふぉんが使えるスマホを契約できます。

もう1つはauのみの対応策ですが、みおふぉんに拘らなければauの回線を使ったMVNOが現在2つ展開しており、この2つ(UQ mobile,mineo)のMVNOの音声付帯格安SIMへとMNPすることで、みおふぉんをドコモで使うのとおなじ感覚で、前auで使っていたスマートフォンにそのままau系MVNOの格安SIMを利用して使う事が出来ます。auを今使っている人は、この方法のほうが毎月の料金が安くて良いです。詳しくは更に以下で解説します。

 

みおふぉん以外のおすすめ回線

みおふぉんは音声通話付きの格安SIMとしてもっとも有名な存在ですが、今では各社のMVNOが音声通話を付帯させたサービスを提供しています。中にはみおふぉん以上に契約としては魅力的な存在も有りますので、みおふぉん以外にオススメの格安SIMを紹介しましょう。

NifMoで速度を重視する

みおふぉんと3GBのデータ量と料金は変わらないNifMoの音声+データプランをまずオススメの格安SIMとして紹介しましょう。

このNifMoの契約の何がいいのかというと、速度が非常に速くてデメリットとして示した速度低下の問題を気にしなくて良いという特徴を持っています。

このNifMoならばみおふぉんの弱点でもあった速度の問題が解消されるため、ネット中心で使う人でドコモからのMNPを考えている人には実は一番選んで欲しいMVNOです。この回線ならばかなり快適にネット通信をすることが出来ます。

NifMoの評判と速度、プランや機能を比較して評価を

2015.06.16

UQ mobileで速度を重視する

次にオススメするのは、UQ mobileです。こちらは先ほど説明したようにau回線を使ったMVNOなので、auからのMNPをしてスマホをそのまま流用できる人はこのUQ mobileへとMNPするといいでしょう。

UQ mobileも速度が非常に良い格安SIMです。その理由はこのUQ mobileを運営する企業がKDDIの子会社だからです。auと非常に関係が深いということで、速度などの回線品質・通信品質という点で他社にはない安定感を見せます。速度では今一番安定しているMVNOです。しかもUQ mobileはメールアドレスとして@uqmobile.jpというアドレスが使えるのですが、このアドレスがキャリアメールのPCメールフィルターにかからず、普通にキャリアメールとして認識されます。

この特殊なアドレスの仕様と速度が良いという点は、デメリットとして説明した格安SIMの2つの問題点を克服している素晴らしい回線です。ドコモを使っている人にはMNPする旨味は少ないですが、auを使っている人はほぼ不満なく移動できる音声付帯格安SIMです。

UQ mobileの評判と速度、プランや機能を比較して評価を

2015.06.18

Y!mobileで通話料を重視する

最後にオススメするのは通話重視の使い方をする人向けの契約です。

正確にはMVNOではないものの、非常に料金が安い通話定額型の料金プランを提供しているY!mobileの契約です。

Y!mobileの場合、本来MVNOのメリットである縛りの軽さがなく、通常の2年縛りで拘束されるデメリットがあります。しかし今回のMVNOのデメリットで記した問題点、速度・サポート・通話料・メールアドレスといった部分はほぼ不満のない仕様になっています。

しかもそれでいてキャリア回線よりも安いという特色があるので、この契約は通話向けのプランが欲しくて携帯代を節約したい人にオススメです。詳しくはMVNOとはちょっと異なる性質を持つため、個別記事で確認するようにして下さい。

Y!mobileのNexus5、MNP一括9800円契約が安すぎる。月額2030円で通話し放題+1GBデータ回線

2015.06.10

 

以上のようにみおふぉんやMVNOの音声格安SIMの契約は、デメリットはあるものの確実に料金を安くすることの出来る契約なのは間違いありません。スマホ代を浮かせることで他のことにお金を回すことが出来るため、多少のデメリットを許容して回線を切り替えることを意識したほうがいいかもしれません。

4 件のコメント

  • すごい分かりやすい記事ですね。素晴らしい!!
    MVNOのデメリットをつけ加えると、iphoneや国内メーカーの最新機種を正規に購入できないところですね。
    この辺、ネットを使いこなしている人ならヤフオクやら、アマゾンやらで問題ないんでしょうが、まだまだ一般的とは言えないですから。

    • 使いたいスマホが正規購入じゃないというのは確かにデメリットかもしれませんね。今はまだメーカー保証は融通効いていますが、今後がどうなるかわかりませんからね。

  • 「auやSoftBankからのMNPだと、みおふぉんとは互換性がないためこれまで使っていたスマートフォンが使えます。」ってところ、間違っていますよ!

    「~これまで使っていたスマートフォンが使えません。」が正解ww

    • うわわわわ。ご連絡ありがとうございます。
      すぐに修正しておきました。意味不明な感じになってしまってましたね・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>