中高生にこそ格安スマホを 携帯料金の節約が可能な使い方のため問題なし

line-stamp

中学生、高校生のスマートフォン問題、携帯料金問題は子供を持つ皆さんの大きな悩みの種だと思います。現在の中高生はすでにスマートフォンのアプリを利用したネットワーク上での交流が、大きなコミュニケーションの一つと化しています。LINEを中心としたコミュニケーションツール、ゲームアプリを利用した友人との交流といった要素は、学校生活を営む上では必要不可欠になってきています。

もはや中高生がスマートフォンを持つのは当たり前の話で、ここをどうにか我慢してもらって毎月の通信費を節約するというのはあまりにもナンセンスです。コミュニケーションの輪から子供が外されてしまうのは、スマホ料金の節約以上に問題の起こる対処法です。

中高生にスマートフォンを与えるのは当然必要な対応であるとして、その上でどうやって毎月の通信費を節約していくかということを考えていく必要があります。そしてその一つの大きな解決策が格安スマホという存在です。

今回は中高生こそ格安スマホを持つべきだという前提の元に、実際の利用状況や料金について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

中高生のスマホ利用状況

中高生は一体どのようなスマートフォンの使い方をしているのでしょうか。それを知ることでどういった契約やスマホ端末が必要なのか、そしてそれらの需要が格安スマホで満たせるかという点について考えていきましょう。

LINE・カカオトーク

中高生にスマホが必要な理由は、今やコミュニケーションツールとして欠かせないアイテムだからです。コミュニケーションの場はチャット的なメッセージをやり取りできるLINEやカカオトークといったアプリで行われています。

高画質・大画面のスマートフォンになった事で、携帯メールで主流だった個人同士のメッセージのやり取りや小さな絵文字のやり取りという手法を超えて、複数の人数でメッセージをやり取りするグループ機能、絵文字どころか一枚の絵でファジーなコミュニケーションをやり取りするという進化が起きています。

時にこれらのアプリは問題としてやり玉に挙げられることもありますが、もはや中高生にはなくてはならないものになっています。
LINEもカカオトークもどちらも使っている学生が多く、学内や親しい友人にはLINE、学外やネットの友人にはカカオトークを教えるという使い分けをしているようです。

ゲームアプリ

もう一つ中高生にとってスマホと切り離せないのがゲームアプリです。ゲームアプリは現在の高校生の間では会話のネタとして使われることも多く、ゲーム内での協力プレイを通じて親交を深めるといった役割があるため、一概にゲームだからと言って否定出来ない存在になっています。

時にニュースなどで問題にされるゲーム内課金アプリもありますが、多くのゲームが無料で遊べてしまうため、お金もかからず大人数で話題を共有することが出来ます。

動画

そして中高生にとってスマホのコンテンツとして欠かせないのが動画です。youtube、ニコニコ動画、ツイキャスといった動画コンテンツが今の時代は多く揃っています。

動画は大人でもついつい長時間見てしまうため、子供に制限しろとはなかなか言えないものでしょう。

このように中高生のスマホ生活の中で特にその比重を占めるのは上にあげた使用目的になるかと思います。これらの用途に対して格安スマホがどれだけ対応できるのかというとこを考えてみたいと思います。

 

最大の弱点は動画視聴

まずLINEやカカオトークですが、こういったコミュニケーションアプリは元々スマートフォンのスペックで高性能な部分というのを要求しないので、ほぼ全ての格安スマホで使えるようになると思います。

ただし、LINEとカカオトークの認証には、必ずSMS受信ができる環境が必要ですので、音声通話付きのプランを契約するか、SMSオプションというものに加入したデータ契約格安スマホが必要になります。ただ一般的には音声通話さえできる契約ならば、LINEなどの認証は簡単に出来ますので、強いて注意すべき内容ではありません。

LINEの利用については格安スマホで十分すぎるほど活用できるでしょう。

ゲームに関しても日本国内で展開されている、「パズドラ」や「モンスト」といったソーシャルゲームならば、あまり大きなスペックを要求しないため、問題は少ないのではないかと思います。いわゆる話題を共有するようなゲーム、電車の中などで暇をつぶすのに適しているゲームなんかは格安スマホでも遊び倒せる性能があるので大丈夫でしょう。

問題は海外のアプリ製作者が作っているような、まるでプレイステーション用のゲームのようなクオリティを見せる3Dゲームなどグラフィックに力を入れているものは、格安スマホでは中々厳しいものがあります。格安スマホではグラフィック性能の上がったSnapdragon 400というSoCを使っていることが多く、これのおかげである程度のアプリならば動かしやすいと思うのですが、あまりにも性能を要するゲームだとRAMが足りずに途中で終了してしまう場合が考えられます。

そのため、格安スマホでゲームをしたい中高生には、こうしたゲームは諦めて、日本向けのソーシャルゲームを中心に遊んでもらうようにしましょう。

そして格安スマホ最大の問題点が動画です。格安スマホでは料金が安い代わりに、高速通信できるデータ通信量が少ないという弱点を抱えていますが、この問題が動画視聴にダイレクトに影響してしまいます。

恐らく格安スマホを使った場合、そしてそれが初めてのスマホでデータ通信量という概念がまだ子供に伝わっていない場合、十中八九子供たちは動画視聴によって数日でデータ通信量の全てを使い切ってしまうでしょう。そしてその月の残りの通信は低速回線で過ごさなければいけないという事態になるかと思います。一度低速通信を経験すれば、おそらく子供のほうで動画を見すぎると苦労するということを覚え、格安スマホの回線を使った通信では動画を見るということはしなくなるでしょう。

動画は格安スマホでは満足いく時間見ることは難しいです。ただスマホ自体はWi-Fiに繋いでしまえばそちらの制限に則って動画を見れるようになるので、お子さんにはWi-Fi環境で動画を見るように教えたほうがいいでしょう。格安スマホでの動画視聴は自分の首を絞めてしまう行為であるため、一度苦労を味わったら格安スマホでも賢く通信できるとお子さんが多いと思いますので、2回目以降はこの問題も理解して利用の制限を自分の裁量で行うようになるでしょう。

 

これらの我慢と通信費節約のメリットを天秤にかける

このように格安スマホについては主に動画やゲームといった面では中高生の利用シーンで影響を受けるところがあると思います。こうした言わばデメリットには、明確な有効策がなく、子供たちに我慢をしてもらうしかありません。こうした我慢を強いた上で携帯料金の節約を子供が納得してくれるかというところでしょう。

iPhoneなどを通常のキャリアで契約した場合、オプション加入など無しでも7020円~の料金になります。Androidだと割引が少ないので、更に毎月の料金は高くなって8000円を簡単に超えてきます。一方で格安スマホならば端末代金、それに音声通話もしっかりできて月3000円以下になります。2年間の費用を考えたらその節約効果はかなり高くなりますので、子供たちのスマホを格安スマホにしたいという考えは真っ当な考えかと思います。

個人的にはゲームはソーシャルゲームだけあれば話題にもついて行けますし、動画は自宅のWi-Fiで見れば問題のないことですから、中高生の場合はスマートフォンを格安スマホにして、お金を稼げる18歳以降からその回線をMNPしてiPhoneなどを購入して自分のお金で通信費を支払う、というやり方が一番いいのではないかと思います。ですがそれでも子供たちの意見もありますから、そのあたりは節約したいという家計の意見ともっと自由に楽しみたいという子供たちの意見をすり合わせる必要があると思います。

とりあえずこのサイトでお勧めしておく格安スマホは、「ZTE Blade Vec 4G」というスマホとSo-netの回線を合わせた格安スマホです。1.5GBのデータ通信量と、一昔前の3Dゲームなら遊べるだけのスペックも持っていますし、基本性能もとても高い格安スマホです。iPhoneなどには劣るのは確かですが、月額2480円で使える安さはiPhoneにはないものです。このスマホならばこれから2年間は確実に使い続けられる性能があるので、中高生の間はこれを使って、その後の家計状況に応じて別の格安スマホに移るかキャリアのiPhoneにMNPするかを決めてもいいのではないかと感じます。

2480円のSo-net格安スマホ「Blade Vec 4G」の考察、口コミ評判とレビュー | 脱携帯キャリア宣言

12月2日追記

現在は「ZenFone 5」という格安スマホが「ZTE Blade Vec 4G」という格安スマホと並んで選ぶべき格安スマホとして台頭してきました。こちらもかなりおすすめ度が高いので格安スマホの候補として検討してみて下さい。

『NifMo』の格安SIM・スマホのサービス内容の詳しい解説、評価とレビュー | 脱携帯キャリア宣言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>