OCNモバイルONEがパワーアップしすぎな件、パケット繰り越し・Wi-Fiスポット・090番号

OCNmo

OCNモバイルONEが1月20日よりその機能とサービスをこれまで以上に充実させることになりました。これによって今まで以上に使いやすいMVNOへと進化することになります。

既に開始されている音声通話プランの提供など最近始まった、あるいは始まる新サービスや新機能についての特集を今回はしたいと思います。

 

OCNモバイルONEの新機能とサービスまとめ

それではまずは個々でどういったサービスや機能が追加されたのかということをまとめておきます。

  • 090、080、070電話番号に対応した音声通話サービス
  • パケットを翌日あるいは翌月に繰り越せる機能
  • 高速⇄低速間のパケット回線切り替え機能
  • 無料で使える公衆Wi-Fiスポットサービス

以上のような内容がここ最近になって追加された機能とサービスになります。この内容をそれぞれ解説しましょう。

スポンサードリンク

 

音声通話サービス開始

OCNモバイルONEではこれまで頑なに090,080,070で始まる音声通話についてはサービスを用意しておらず、おなじNTTサービス系列の050+のシェア拡大のために常に050+での利用を推進していたのですが、いよいよ050番号ではライバルMVNOに敵わないということで、090番号のサービスを解禁しました。

これにより050では非対応だった緊急通報、MNPといった行為が可能になりました。この2つはMVNOを使う上で重要な要素になっていたので、今回の対応は朗報と呼べる対応になるでしょう。

もちろん今まで通り050+への加入も出来ます。MNPに対応したことでメイン回線としてMVNOを使えるようになった、緊急通報に対応したことで安心感が増したことは大きな変化でしょう。料金は各データプランに700円を追加で支払う形です。

 

パケット繰り越しサービス

2015年の1月から始まるサービスとして、パケット繰り越しサービスというのが無料で機能として利用できます。これは今までですとその日に使い切れなかったデータ通信量、その月に使い切れなかったデータ通信量は、日や月が替わった瞬間に切り捨てられてしまっていたのですが、これが余ってしまった分の有効活用が出来るようになったのです。

繰り越しは翌日/翌月までで、それ以降は持ち越されません。毎日/毎月繰り越しされるかどうかは更新されていきます。

例えばある一日で10MBのデータ通信量が余ったとしましょう。この10MBは翌日のデータ通信量にプラスされて使われることになります。ただし使われる順番としては一番最後になります。つまりその日のデータ通信量を全て使い切った後に、繰り越し分の10MBを利用します。そのためこの翌日にも15MB余ったとしても、この15MBの内訳は当日の5MBと前日の10MBで、翌々日にあたる次の日に持ち越せるのは当日の5MB分ということになります。

 

高速⇄低速の自由な切り替え

これまで主要なMVNOには機能として使われていた高速⇄低速の切り替えというのも2015年から対応し始めます。これによって必要な場面でのみデータ通信量を消費することが出来ます。例えばTwitterなんかの軽いSNSアプリやLINE、Skypeやradikoなんかには低速通信でも快適に使えますので、わざわざデータ通信量を消費する必要はありません。

こうした機能と先ほどのデータ繰り越しがうまく合わされば、本当にネット接続が必要な場面でも低速に落ちることなく使い続けることが出来るでしょう。

なお同時期に3日120MB規制などが撤廃され、短期間での大容量通信も出来るようになっています。

 

Wi-Fiスポットの無料提供

こちらもBIGLOBEやBIC SIMという人気MVNOが用意していた無料の公衆無線LANサービスを、OCNモバイルONEでも開始しました。

約48000スポットに設置してあるOCNモバイルONE アクセスポイントを利用することが出来ます。この回線には速度制限も通信量制限もないので、出先での大容量通信が出来るようになっています。駅や空港などのビジネス用途な場所や、カフェやレストランなどの食事処でも使える可能性が高いため、ビジネスマンな方々にはデータ通信量の節約をこのWi-Fiスポットによって実現できることでしょう。

 

以上の項目がこのたびOCNモバイルONEのサービスおよび機能のパワーアップ内容になります。今までもかなり使いやすいMVNOの格安SIMだったのですが、このパワーアップによって更にその使いやすいが上がっていくことでしょう。特にデータ通信量の繰り越しは大きな追加機能で、これによってライバルと目されるIIJの強みは低速時のバースト通信ぐらいで、その他ほとんどの要素でOCNモバイルONEが上回ってきている状況です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>