「赤ロムスマホ」の注意点とWi-Fi運用による活用法

XperiaM

格安スマホが注目を浴びるようになり、格安SIMの人気も高まっていることで、節約方法として白ロムを使った格安SIMあるいはキャリア回線運用というものが知られるようになりました。

普通に機種変更するよりも、白ロムで購入することによって本来の定価よりも安く買えることが可能になり、もしもMNPで投げ売りをされているような機種になるとその金額差は5万円近くすることもあります。

このように価格の部分で普通に機種変更するよりも安い、またSIMフリースマホよりも性能のいいモデルが多いため、この白ロムを利用したスマホ運用というのもかなり一般的になっています。

ですがこうした白ロムの運用や購入には、そのリスクや注意点を把握していないと、通信ができなくなってしまう状態に陥ってしまう可能性があります。今回は白ロム購入に絡んでくるリスクである「赤ロム」の問題点と、それをあえて活用した利用方法について解説をしましょう。

スポンサードリンク

白ロムと赤ロム

中古で販売されているキャリアスマホは、大体の場合において「白ロム(スマホ)」として販売されています。白ロムとは「ネットワーク利用制限」がかかっていないスマホという意味ですが、要は中古だけど普通にSIMを入れれば使い続けられるスマホ、ということです。

対する赤ロムは「ネットワーク利用制限」の対象になってしまったスマホで、SIMを入れても使えないスマホ、という類のものです。

赤ロムになる原因は、不正利用や端末代金の踏み倒しが行われた場合、ひどいのになると盗品が対象です。

白ロムではdocomoやau、SoftBank(とそれに対応したMVNO)のネットワークを利用して通信することが可能ですが、赤ロムではそのネットワークに「利用制限」がかかっているため、SIMをスマホに入れても各キャリアの回線網を通じての通信が出来なくなります。

この赤ロムを購入してしまうと、キャリアのSIMはもちろん格安SIMでも使えなくなってしまうので、通信する方法が一気に限定的になってしまいます。

 

白ロム販売の中に紛れ込む赤ロム

赤ロムスマホは、SIMを利用した通信が出来なくなるということになり、キャリア契約SIMおよびMVNOのSIMでも使えなくなるということになります。

これを防ぐにはちゃんとしたショップから正常な白ロム(ネットワーク利用制限が◯の状態のもの)を購入すれば、赤ロムになる心配はほとんどありません。

赤ロムを掴んでしまう可能性が高いのは、かつてはブックオフやゲオなど、ネットワーク利用制限を調べもせずに売っていたショップもありましたが、今はそんなこともなくなっているので、オークションぐらいです。

特に新興のオークションサイトはネットワーク利用制限が△(まだ赤ロム判定されていない、完全ではない白ロム)のものが売られていて、購入後に赤ロム化する場合があります(目立つのがメルカリです)。

 

最近は判定○でも油断できないから赤ロム保証のあるところで

このように、赤ロム化によって通信が出来なくなる危険性を考えた場合、中古のスマホを購入する場合にはネットワーク利用制限をしっかりとチェックしていて、判定が「◯」になっているスマホを扱っている白ロムショップから購入しましょう。

・・・という結論が赤ロムを避けるためには定説だったのですが、最近は一括購入後の紛失保証オプションの悪用や利用意志のない転売目的の契約と判断した場合には、たとえ購入時に判定で「◯」のついたスマホでも、ネットワーク利用制限がかかって判定が「×」に変更されるケースが散見されるようになりました。

そのため白ロムを購入する場合には、利用制限がかかっていないことを確認した上で、「赤ロム永久保証」をしているようなショップでの購入が今は安心できる買い方です。以下のようなショップのように赤ロム化した場合に機種交換等の対応に応じてくれる所で買うようにしたほうがいいでしょう。Amazonで買う場合は、ほぼ個人でやっているような転売屋兼マーケットプレイスという店もあるため、小規模な所は避けてこちらも保証のある店で買いましょう。

イオシス

モバックス

じゃんぱら【中古&新品 PC・携帯電話・デジタル家電の販売・買取】

赤ロムはWi-Fi運用が可能

ここまでは赤ロムについてのデメリットや注意点についてを書いてきましたが、続いては赤ロムのメリット的な点についても書いておこうと思います。

実は赤ロム化したスマホは、SIMカードを利用した通信は出来ないものの、Wi-Fiでの通信は問題なくすることが出来ます。SIMカードが使えないためキャリアサービスやキャリアアップデートが出来なくなるものの、その他のネット通信はWi-Fiで全てまかなえます。

つまりWi-Fi運用のみだけかつ今後のアップデートが出来ないという点が問題なければ、スマホとしての機能は赤ロムでもほぼ利用できます(SMS認証の必要なアプリは不可)。

 

あえて赤ロムを売るショップも

このようにWi-Fiだけなら赤ロムでも使えるということで、あえて赤ロムを購入するというユーザーも存在します。その理由は、赤ロムの場合だと最新のスマートフォンでも新・中古品の価格が白ロム状態のものよりも劇的に安いからです。流石にiPhoneなどのApple製品は赤ロムでも高いですが、Android系になるとS600やS800レベルのSoCを使ったハイスペックスマホでも1万円前後の価格で購入できてしまいます。

こうしたWi-Fi運用者向けの赤ロム需要を見込んで、あえてグレーな存在である赤ロムと明記してスマホを売っているショップがあります。実店舗だとゲオがその筆頭でしょう。ネットワーク利用制限のかかったスマホは、2014年度発売のモデルでも1万円を割るものが存在します。ネット上でも楽天市場あたりで検索するとワケあり品として格安に売られています。

楽天市場 検索:「赤ロム」

モバイルWi-Fiだとdocomo回線を利用したMR03LNやL-01Gといった格安SIMで使えるルーターや、4月から制限があると言われながら未だに制限がかかった報告がなく、無制限で使えるWi-FiルーターとなっているWiMAX2+などが利用の候補になるかと思いますが、こうしたWi-Fiルーターを持っている場合には、赤ロムを使った格安運用なんていう方法もあるにはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>