TONE Mobile(トーンモバイル)がfreebitから名前を変えて爆誕 DTIやUmobileと繋がりの深いMVNO

tone

 

新たに格安スマホ、MVNO格安SIMを提供する事業者として「TONE mobile(トーンモバイル)」が誕生しました。

freebitと提携を開始したCCCとの合弁企業になっており、運営はfreebitが担当するかと思われます。CCC、カルチュア・コンビニエンス・クラブとの提携によって、レンタル事業大手のTUTAYA実店舗において格安スマホの販売が始まります。その他にもTポイントと連携した機能をアプリで提供することによって、契約に対して他にはない付加価値が得られるようになっています。

契約は今のところ端末セットのみ、SIMのみの契約は出来なくなっています。「PandA3」というfreebitが独自に調達してきたスマートフォンで、24000円で販売されます。

スポンサードリンク

料金

スマホとのセットで機種本体は24000円、SIMの月額料金は1000円です。分割契約した場合は24回払いの場合で月額2000円がスマホ込みの料金となります。

プラン・オプション 料金(税抜)
基本プラン 1000円
TONEスマホ分割 1000円×24回
3G音声オプション 953円(初期費用1500円)
1GBデータ通信量チャージ 300円/回
フラットパックオプション(1GBデータ通信量+60分のIP電話通話料) 500円/月
安心オプション(端末保証サービス) 500円/月

格安SIMとしては一般的な料金ではあるものの、運用に関する内容はかなり珍しいタイプのプランになっており、少し解説を加えてみようと思います。

まずこの回線には高速通信用のデータ通信量は備わっておらず、通常では常時500kbps弱の中低速な回線速度しか出ないようになっています。通常のMVNOの規制速度よりも2倍以上は出るため、中低速ながらもある程度快適に使えると思います。実測がどれほど出るかはわかりませんが、700kbpsほど速度があれば、スマホの運用はストレスが少なく使えることを体感済みです。

もしも高速通信がしたい場合には、1GB分のデータ通信量を300円という低価格で購入できるため、まぁまぁな内容のように感じます。

 

Tポイント、TSUTAYAと連携

またこのトーンモバイルは、支払い料金200円につき1ポイントのTポイントが貯まる仕組みができています。また、将来的にはTポイントで月額の支払いが出来るようにもなり、こうしたショッピングポイントの有効活用が可能です。

そしてTSUTAYAでもスマートフォンの販売が行われ、即日のMNPも可能となっています。

 

PandAのスペック

スマートフォンはfreebitでも販売していたPandAの3rdモデルをベースにした「TONE」というスマホです。

tone
スペック TONE
OSバージョン 4.2.2
CPU クアッドコア 1.3GHz(種類不明)
ROM 4GB
RAM 1GB
ディスプレイ 5.5inch qHD
カメラ 800万画素
重さ 189g
バッテリー 2500mAh
SIMサイズ マイクロ
LTE対応 無し

スペックは高くありません。特にユーザーが利用できるROM容量がわずか2GBしかないなど、普通にアプリを使ってスマホを楽しもうという人には向いていません。micro SDには対応しているものの、結構な数のアプリがSDカード非対応のものがあるので、厳しい部分は確実に存在します。

 

前進はフリービット

このトーンモバイル、プランがちょっと面白いのはあるものの、特にオススメする理由は無いのが現状です。それよりも契約前に知っておいたほうがいい知識のほうが多いと感じています。

その知っておいたほうがいい知識とは、このトーンモバイルというMVNOはその前身がfreebitだということです。ある程度MVNOに関して知識のある人だったら、freebitに対してはネガティブなイメージのほうが強いのではないでしょうか。

これといってイメージの悪化に決定打となる事柄は無いのですが、回線品質の問題や販売したスマートフォンをまさかのroot化状態で出荷、そもそも安過ぎる粗悪品を輸入してしまったためのユーザーからの不評と、様々な要素が重なってマイナスの評価が定着しています。

低速の代名詞的存在

個人的には特に回線品質の面でfreebitは不安にさせられてしまいます。freebitの回線はU-mobileも同じものを流用しており、今回トーンモバイルとして会社名が変わっても、同じ回線を使用していると考えていいでしょう。

他にもDTIという事業者も同じ回線を利用しています。古くからMVNOを知る人はDTIのほうが馴染み深いでしょう。このfreebit系回線を利用しているMVNOには総じて同じ共通点があり、どれも速度が遅くて回線品質が良くないという欠点があります。

freebitに関係しているのは、今回のトーンモバイルからU-mobileやDTI、あとはもしもシークスなんかもその仲間です。どれもネットを調べれば、絶賛する声よりも批判する声のほうが大きいのを感じることが出来るでしょう。

このように悪評が集まり易いグループですので、気軽にオススメ出来るようなMVNOではないというのが今回の一報を聞いて思う個人的な意見です。

 

まとめ:速度が遅いことに覚悟を

特にDTI系、freebit系を批判する声は、その企業の体質的なものを批判しますが、MVNO事業者としての側面から見て判断すると、「速度が良くない」という点が目立ちます。平常時の高速通信時でも1Mbpsを切ることはザラですし、無制限プランにも関わらず通信量が一定を超えると規制をかけてくる厳しい運用をしており、低価格大容量なMVNO格安SIMが増えた現在ではあえて選ぶような事業者では無いでしょう。

速度や規制に関する現在の状況が改善されない限りは、DTI系freebit系である今回のトーンモバイルは選ばないほうがいいと私は判断します。

5 件のコメント

  • トーンモバイル端末購入しました。通話音量が小さく、MAXにしても聞き取りにくく2日目にして解約しました。違約金しっかり取られました。

  • 家族でMVNO
    2015/09
    自分BIGSIM 妻DTI、娘DTI、各社使用に問題はありません。むしろ低速運用だとDTIは速いです。
    DTI運用POINT
    ●GALAXYとの相性が非常によい。当方家族全員S4
    ●MNPが出来ないので、加入が少なく回線が空いている。
    ●低速でiijmioより速い。

  • 嫁のと2台、つながらない、動作が遅い、、、ツタヤにもっていっても治らない、、、2年間解約できないの一点張り、、、、、ひどすぎる、、、、悪いことは言わないので、お進めしません。

  • トーンモバイル購入しました。
    有り得ないぐらい遅いです。
    率直に買わない方がいいですよ。でも、小さい子に持たせるのには丁度いいのかな?とりあえず2年間は我慢します…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>