U-mobileの格安SIM、LTE使い放題プランの考察とレビュー

「U-mobile*d」

U-mobileがぷららモバイルの定額無制限プランに対抗する、無制限格安SIMを発売しています。「LTE使い放題プラン」と名付けられた格安SIM用の料金コースは、ぷららと同じく無制限通信を標榜しています。

料金は2480円、ただしこれは税抜きなので税込みで2980円のぷららモバイルとの料金比較をする際には注意が必要です。

ぷららモバイルとは違って音声通話プランにこのコースをつけることが出来るので、拡張性は非常に高いです。端末セットも用意しているため、格安スマホとして契約する事も可能でしょう。

LTE使い放題プランの話題から始めてしまいましたが、従来の1GB、3GB、ダブルフィックスプランについても、今回の記事の中でレビュー評価をつけていきたいと思いますが、メインのレビューの話題はLTE使い放題プランを中心にしていきます。

 

U-mobileの内容

U-mobileはMVNO事業者の中でも安さでトップクラスのプラン提供をしています。品質や速度よりもまずは安さを優先しているのがU-mobileです。

その事を踏まえてこれからその評価やレビューをしていきたいと思います。

まずは用意されている料金プランについて表にしてみましょう。

データ通信量 データ専用 音声通話+データ
1GBコース 1GB 790円 1580円
3GBコース 3GB 1480円 1980円
LTE使い放題プラン 無制限 2480円 2980円
ダブルフィックス 1GB~3GB 680円~1680円 1480円~2480円

最も高いプランでも音声通話+LTE使い放題という内容で2980円になっています。通常のキャリア回線のLTEプランは、通話定額なら2GBの上限で6500円からのプランから用意されています。使い放題と2GBでは違いすぎますし、料金も差がありすぎるのがキャリア回線と比較するとわかると思います。U-mobileはやっぱり安いです。

もちろん安いことはいいことではあるのですが、安いなりの品質を覚悟する必要があります。それについては次の回線考察について紹介していきましょう。

スポンサードリンク

回線の考察

ではU-mobileの回線について考えていきましょう。

  • 最も安い部類のMVNO
  • 速度は良くて10Mbps程度
  • LTE使い放題プランでは低速が目立つ
  • 無制限通信が可能ではあるが、速度規制が発生する場合あり
  • 速度規制時は激遅
  • 通信品質が低く、パケットが流れないことも

安さは凄い

U-mobileの最大の特徴は安いことです。料金プランの表でも見たようにこの格安SIMはその他のMVNOが設定する料金プランに比べて、金額が安めに設定されています。
MVNO事業者間の比較によっては、時に半額で同じデータ通信量を持つプランを利用することが出来ます。
1GB単位の安さでは特に上位プランにおいて目立っています。格安SIMの中でも目立って安いのがこのU-mobileです。

安さで選ぶならまずこのU-mobileはその候補に上がるMVNOです。ただその安さの弊害としてこれから語る速度や通信品質の側面において不利な面が出てしまいます。

 

速度はとりあえず出るが、大体遅い

U-mobileは一応は速度が出ます。特に人がいなくて通信帯域に空きがある場合は、15Mbpsほどは通信速度として期待出来ます。大体この速度はお昼の1時間、また午後8時までの時間帯で期待できる速度です。

これ以降の午後の時間帯、及び朝の6時過ぎから10時ごろまでの特に混雑する時間帯にはここまでの速度は出ません。大体2Mbpsほどに制限されています。

とにかく人が少しでも多くなるとそれまで出ていた比較的高速な通信が急激に落ちてしまいます。MVNOはキャリア(この場合はdocomo)から通信用の「帯域」と呼ばれるものを購入して、その中で契約してきたユーザーへその帯域を分け与えます。この帯域を多く購入すれば、契約者が増えても速度が高いまま均等に分け与えることが出来ます。一方で帯域が少ないと、同時接続が増えた時に十分な量を分け与えることが出来ず、速度を規制する形で帯域の維持をしなければなりません。

U-mobileはまさにこの帯域が少ないMVNOなので、同時接続利用者が増えると途端に速度が落ちてしまいます。

 

速度規制条件が存在

また、ぷららモバイルと違う大きな点も存在します。それは短い間に通信をしすぎた時に速度規制がかかるということです。通常の1ヶ月間の契約上は、速度制限もなく通信量も無制限で使えますが、短い間での大量通信には規制が現状存在します。

これは恐らく他のMVNOで使われている3日1GB規制のようなものでしょう。3日間の合計通信量が1GBを超えると通信速度が128kbpsなどの超低速に落ちてしまうという規制です。これに非常に近い規制がU-mobileには敷かれています。

そしてこの規制にかかると、通信速度は大きく下がってしまいます。というかもう使い物にならないぐらい遅いです。スピードテストを実施すると、大体0.01Mbpsぐらいの速度しか出ません。スピードテストの間に何度も速度が足らなすぎて計測の失敗が起きてしまいます。

無制限通信が可能と宣伝されていますが、実際には短期間での規制が存在して、その規制に引っかかると遅すぎる通信速度でメールやTwitterぐらいしか出来なくなります。とてもじゃないですが、Webを快適に見ることすら出来なくなります。

 

通信品質は全体的に低め

先に書いたように人が増える時間帯にはすぐに速度が遅くなるということからわかるように、あまり通信品質の良くないMVNOというのがU-mobileの評価として与えられます。速度が観測するタイミングによってバラバラで、安定性にかけています。この辺りは他のMVNOのほうがしっかりしています。

またたとえ人が増えて低速になっても、他のMVNOは比較的しっかりと通信出来るだけの速度を保ちますが、U-mobileはその速度を維持出来ずに全体的に低速へと落ちてしまうため、その他のMVNOと比べると品質が悪いと言えるでしょう。

安さという大きなメリットこそありますが、残念ながら安くても品質は他のMVNOのようにはいいものではありません。

 

端末の考察

U-mobileの回線についてはここまでにしておきましょう。この後の速度計測とまとめで更に回線に対する言及をしていく予定なので、ここからはUmobileが格安スマホとしてセット販売するスマートフォンについてその性能を考えてみたいと思います。

ただし現在U-mobileはほとんどの端末セットを販売中止にしています。これは新端末ZenFone5の販売を予定しているからでしょう。ZenFone5については以下の記事で触れているため、そちらを参考にしてもらいたいと思います。

ZenFone5の口コミ FOMAプラスエリア、LTEに対応、IIJmio/楽天/@nifty/U-mobileで格安スマホ化予定 | 脱携帯キャリア宣言

 

U-mobileの口コミ・評判

いつものようにU-mobileの口コミを集めてみましたが、今回はかなり批判的な内容が集まっています。

他のMVNOで募集する時は結構褒める内容が多いのですが、Umobileだと途端に不満が生まれてくるようです。今回は一応良い部分悪い部分を書いてくれた口コミと悪い部分がかかれた口コミを載せておきたいと思います。

 

・U-mobileのレビューについて。
U-mobileは7GBプランを、LTE使い放題プランが出てからはそちらを使い続けている。
別にこだわりがあって続けて使っているわけではないのだが、自分の利用方法だと別のMVNOにわざわざ乗り換える必要が無いから使っているという消極的な理由だ。

利用方法はLINE、片道15分の事務所までの間歩くのにyoutubeで音楽を聴いてること、そして後は息抜きにネットで調べ物をする、Twitterぐらいにしか使わない。スマートフォンも型落ちのAndroidだ。

いわゆる僕の使い方はヘビーユーザーではないだろう。使う人は1日に何GBも使うようだが、僕の環境ではそれはパソコンでやればいい事で、スマホは補助アイテムだ。
とは言っても1日に何GBも使いはしないが、一ヶ月で考えれば流石に10GBぐらいはいくこともある。
そこで選んだのがUmobileだ。理由は安かったから、ただそれだけだ。

最初はdocomoとの速度の違いに驚いた。明らかにUmobileのほうが遅いのだ。この遅さは今も変わらない。ネットで調べ物をしていて、写真の多いサイトでは表示が遅い。それにスマホの写真をDropboxから送るのにもスピードの遅さを感じた。
ギリギリyoutubeは音楽メインなので普通に聴けるが、全体のネット速度はdocomoのパケットを契約していた時よりも遅くなっている。

だが遅くはなったが安くもなっているのも事実だ。1ヶ月で3000円行かず、毎日youtubeを見てても規制されないなら僕にはそれで十分だ。
短期間の内に使いすぎると遅くなるらしいが、僕の使い方ではその規制には入らない。毎日ある程度の速度を使えた状態で使い続けられているから、そんなに不満はない。

いわゆるヘビーユーザーはこの規制にかかってばかりになって不満が溜まるのだろう。だが僕みたいな使い方ぐらいなら規制とやらにはかからない、それ故に速度が遅いことで嫌な気分になることはあ稀だ。
もちろん不満という意見があるのだからそれを参考にしたほうがいいだろう。ただその不満がどういうユーザー属性から発せられているのかには注意したほうがいい。使い方次第ではちょっと遅いぐらいで済む回線だと思う。

 

 

・U-mobileのLTE使い放題という無制限プランを使っています。

事前にネットでUmobileは速度が出ないという評判を読んでいたのですが、それ程でもないだろうと思って契約してしまいました。結論から言うと間違った選択をしてしまったなと思います。
ぷららを最初から選んでおけば良かったと思います。

やはり問題は遅いこと。速度調査の結果が良いのは寝起き直後の時間帯と15時ぐらいのあんまりネットをしない時間帯ぐらいで、一番ネットをしたい朝の電車内や夕方の電車内、夜の家でのネットは全然使い物になりません。

常に使い物にならないってわけじゃないですけど、瞬間瞬間ではよく繋がっても、直ぐにダメになってしまうイメージです。
しっかり長時間使えないのが辛いです。

あと気になったのが電池持ちが悪くなったことです。遅くなった分長い時間通信しておく必要があるので、その分バッテリー消費が激しくなったみたいです。わりとスマートフォンの電池にはこれまで余裕があったほうなんですけで、Umobileに変えてからは家に帰るまでギリギリな感じです。
この電池持ちが悪くなったことも正直キツくて、規制があっても速度の出る契約のほうがいいというのをひしひしと感じています。

 

U-mobileの速度

ではこの酷評されている速度について実際どれくらい出るのかを計測してみたので参考にして下さい。

 

まとめ:安さは評価出来るものの、それ以外では平均以下

U-mobileをまとめるとするならば、古い時代の格安SIMと言えるでしょう。

格安SIMはここまでブームになる前は、安いけれども速度も遅くてたまに回線が通じないなんてことも起こり得た品質でした。それがMVNOの増加とdocomo側の卸値値下げなどの影響もあり、そういった低品質さが改善傾向にあります。

ですがそうした中でU-mobileはこれまでの記事の内容からわかるように、まだまだ過去の格安SIM的な品質で運営を続けているMVNOと言えてしまいます。

ですが、この状況ももしかしたら将来的に改善するかもしれません。というのもLTE使い放題プランを出してきたことからもわかるように、格安SIMでシェアを握ろうという姿勢がU-mobileからは伺えます。

そしてそのシェアを獲得するために、通信品質を改善するためにdocomoからの帯域買取量を短期間の内に増やすなど、環境の改善に務めています。CMなどにも力を入れ始め、格安SIMビジネスに対してかなり本気で取り組んでいるのがわかります。

今はまだ過渡期的な段階でもあるため、U-mobileの評価にはもう少し時間をかけて見ても良いかもしれません。将来的にもっと快適な格安SIMになるかもしれません。
ただ現在はあまり良くないSIMではありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>