youtubeやニコニコ動画など動画サイト向けに使えるMVNO格安SIM

youtu

格安SIMは通常キャリア回線よりも規制が厳しく、大容量通信には向いていない方法です。その代わりにキャリアのパケット料金プランよりも安く使えるというメリットも存在します。

こうした前提を把握した上で利用するというのがこれまでの格安SIMの使い方であったはずなのですが、最近では格安SIMでも大容量の通信が可能で、更には料金もとても安いというプランが登場し始めており今までのような、我慢を強いられるのが格安SIM、という状況が変化しつつあります。

こうした中でこれまで格安SIMでの利用は鬼門とされていた動画サイト「youtube」や「ニコニコ動画」、「ツイキャス」などの実況・生放送系動画サイトの視聴や投稿に、耐えうるだけの格安SIMがわずかではありますが生まれ始めています。

ということで今回は大容量のデータ通信量が必要な動画サイトを見ても大丈夫な格安SIMについてどのような製品があるのかを紹介したいと思います。ほとんどが制限のあるSIMであるため、正確にyoutube向けとは言えないのですが、視聴をある程度の時間行っても支障にはならない容量を持つSIMを紹介します。

前提:使える時間など

この紹介をする前に前提として理解をしておくことがあります。

まずこれから紹介する格安SIMは、そのほとんどが容量の限られた格安SIMであり、当然のことながら使いすぎると大容量と言えどもすぐに規制がかかってしまいます。あくまでも格安SIMという扱いになるため、期待しすぎた利用方法は避けたほうがいいと言えます。あくまでもyoutubeも一定時間は楽しめるというもので、youtubeメインで使って問題のない回線というわけではありません。

また格安SIMはちょうど12時〜13時の間は通信が極端に遅くなる傾向があります。この時間帯は動画サイトに限らず普通のブラウジングも難しい状態になるので、いくらデータ通信量が多くても不自由する可能性が高いのは覚悟してください。

もしもyoutubeを毎日長時間モバイル回線で楽しみたい場合は、WiMAX2+などを契約する必要があるでしょう。あくまでも格安SIMの利用範疇に数十分ほどの動画視聴を追加できるという格安SIMであることを理解しておきましょう。

 

youtube向け格安SIM

BIGLOBE 3G・LTE

biglo

2014年10月と11月は、格安SIMを取り巻く環境の大きな節目となりそうです。その理由はdocomoが相互接続料を値下げしたことによる格安SIMのサービス拡充が始まったからです。docomoからの帯域購入費用が減ったことで、設備投資に同じ金額をかけてもより高い効果を得られるようになったことで、その分をユーザーに還元し始めるMVNOが出てきています。

その一つがBIGLOBEが11月から始める大容量データプランです。5GBのデータプランが1505円と大容量かつ低価格という非常に稀有なバランスで提供されています。
5GB、8GB、10GBというプランは、動画サイトで容量を消費しても普段のネット利用に支障が生まれにくい大容量プランです。それでいながら料金は1505円からというのは、格安SIMでyoutubeを見たいという需要を価格面でも料金プラン面でも満たしている稀有な格安SIMと呼べるでしょう。

BIGLOBEはWi-Fiスポットも無料で使えますので、外での利用ではデータ通信量を節約できるなどのメリットや、IIJよりも安くて大容量のプランが選べるというメリットがあり、通常の格安SIM契約では最もお得に契約出来るMVNOです。
音声回線も900円で追加できるため、例えばdocomoの5GBデータプランと比較すると、BIGLOBEが2405円で音声+5GBなのと比べてdocomoは8000円と3倍近い差が生まれます。動画サイト関係なく、単純なMVNOの格安SIMで節約したいという場合にもまず第一候補に入るSIMになるでしょう。

コスパがいいのは5GBプランで、10GBプランのSIM3枚の魅力を感じないようならば、5GBプランを2契約したほうが安くなります。

OCNモバイルONE

ocn

次に有力な動画サイト向けの格安SIMとして挙げられるのは、OCNモバイルONEでしょう。

この格安SIMの特徴はなんといっても1日1日で区切られているデータ通信量です。普通の格安SIMだと1月1月でデータ通信量が分け与えられますよね?それがこのSIMでは毎日データ通信量がリセット&チャージされます。

まさにこのデータ通信量の与えられる仕組みこそがyoutubeなどの動画サイト向けの格安SIMとしてオススメ紹介できる理由です。

動画視聴というのは恐らくその性質上毎日のように繰り返し長時間見続けるものでしょう。そうするとどんなにひと月分のデータ通信量の容量が多いプランを契約しても、動画を見るペースがハイペースだと半月ぐらいで本来与えられているデータ通信量を使い切ってしまう可能性があります。データ通信量を使い切ると月を跨がない限り高速通信はできなくなって低速回線で利用し続けなければいけません。この状態は動画を見るどころか、普段のネットすらとても遅くなってしまうので、残りの日数が大変になってしまいます。

OCNモバイルONEはこうした月半ばでの低速回線化というリスクがありません。毎日データ通信量が補充される形になるので、低速回線になるリスクは使いすぎたその日1日だけです。動画を見すぎて規定の通信量を超えてしまった場合でも、規制を受けて我慢する必要がある期間はその日1日だけです。午前0時を回ればまた高速通信が可能になりますので、派手な使い方をしてしまっても不便になるのはその日だけということになります。

更には最も安いプランで70MB/日のプランが用意されおり、youtubeのスマートフォン画質では1時間以上視聴を続けられるだけのデータ通信量を900円から契約することが出来ます。メリットとしてはこのようなものがありますが、デメリットとしては100MBを超えるファイルをダウンロードしなければいけない時に、対応する方法がWi-Fiに繋ぐしかないという点があるでしょうか。これは動画視聴とは関係ないこの格安SIMの問題点ですが、自宅にWi-Fi環境がない場合は注意がひつようです。

ぷららモバイル:定額無制限SIM

pla

ある意味究極のyoutube向け格安SIMと呼べるかもしれません。

これまで紹介してきた2つの格安SIMはデータ通信量の多いプランを用意しているMVNOでしたが、このぷららモバイルの「定額無制限プラン」はその名の通りデータ通信量に限りの無い無制限に通信を行うことが可能です。

このプランはデータ通信量が無制限になります。つまり今まで紹介してきていた1か月に5GBだとか、1日に70MBまで高速通信出来るという制限が取り払われています。データ通信量を気にせず使うことが出来るため、動画サイトなどデータを大量に使うサイトの閲覧に抜群の効果を発揮します。

ただ無制限で通信が出来るようになっているのですが、その分別の部分には制限がかかっています。それは速度が高速にならないということです。

これまでの格安SIMではデータ通信量が制限されてはいるものの、速度は最大150Mbpsでの通信が可能、実行速度でも数十Mbpsは出てくれるため、すぐにウェブサイトの表示などがされました。

このぷらら無制限SIMの場合は、データ通信量に制限をかけない代わりに速度に対して制限を設けました。その速度は理論値で3Mbpsです。実に通常の50分の1の速度というわけです。

ただ3Mbpsも出れば動画ぐらいは楽々と再生出来る速度であるため、理論値としては問題ないのですが、残念なことに実際に出るスピードは1Mbpsを超えればいいレベルで、下に近い中速回線程度の速度しか出ません。

もしもこのSIMでyoutubeを楽しもうとした場合、動画は見放題になりますが速度が出ないことで動画の途中で頻繁に止まってしまうことでしょう。

 

もっと楽しみたいなら固定回線のWi-FiかWiMAX2で

このように動画サイトの視聴や動画配信に適した格安SIMというのは、現時点で満足のゆくものはないと言えてしまうかもしれません。通信量あるいは速度に制限があるので、快適だけど一定時間しか楽しめない、長時間楽しめても速度が満足に出ない、という動画視聴を考えた時に一長一短なプランしか格安SIMは用意出来ていません。

今回紹介したMVNOのプランでもある程度は楽しめますが、本格的に動画をスマホで楽しみたいならば、固定回線からWi-Fi経由で通信するかWiMAX2+などの(条件付き)無制限モバイルWi-Fiルーターを用意したほうがいいかもしれません。

ただ元々は動画視聴は楽しめるレベルになかった規制が多かった格安SIMが、現在のように一定のレベルで楽しめるようになっているのは喜ばしいことと言えます。今後も安くて便利に使える格安SIMが出てきて進化することを願いましょう。

2 件のコメント

    • ぷらら 遅いっす!????

      ぷらら クソ遅いっす! です。(笑)
      モバイルLTEは 時間問わず連日24時間 0.1-0.3Mbpsです。
      にも関わらず会員募集しているってのおかしくないですか?
      通信事業者じゃ無かったら「詐欺」って言いたい。
      私の見解ですけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>