MVNO速度比較、IIJmio/OCN/BIGLOBE/DMM/NifMoどれが一番速いか、機能込みでオススメを決めてみた

simusi

追記:2015年5月28日に新たに計測しなおした記事を書きました。最新版はこちらになりますので参考にして下さい。

MVNO/格安SIMの速度比較 IIJmio/NifMo/楽天/So-net/OCN/BIGLOBE/DMM/UQ mobile/mineo | 格安スマホ回線研究所

 

今まで個別のMVNOの紹介をする際にも速度計測を行ってそのMVNOの実力内容を確かめてきました。ですがMVNO同士の速度を直接比較することはありませんでした。

それぞれの記事を周って見ていただければ、そこで速度がどれくらい出てるのかがわかると思いますが、正確な比較という意味では正確さが弱いでしょう。そこで改めてこの記事で各MVNOの速度を同時に計測してみて、速度比較の結果をまとめてみました。

これによって同じ条件下で速度の出るMVNOというものが判明することになるでしょう。

 

実証に使ったMVNO

MVNOはとりあえず人気が高い3つのMVNOと、速度比較だったら恐らく良い結果が出るであろう1つのMVNO、そして料金プランが魅力なMVNO1つの計5つのMVNOで比較を行ってみました。これらを同じ時間で同じ回数速度を測ってみて、どれが一番速いかを確かめる実証結果を出していくつもりです。

人気のMVNOにはIIJmio/OCNモバイルONE/DMM mobileという今契約者を着実に増やしている3社です。この3つは悪評を聞きませんし、何より実際に使っていて不満を持つことがありません。追加で使える独自の効果的なサービスがありますので、同じ価格の格安SIMに比べてもコストパフォーマンスも優れています。

そして比較的速いMVNOとして用意したのがNifMoです。これはMVNOの速度を測ったサイトや雑誌、そしてこのサイトの別記事からもわかるように、今速度計測で良い結果が出ること確実なMVNOです。これも速度比較する上では欠かせないのでまとめの一つに加えました。

もう一つはかなり前からMVNOについて知っている人には、データ通信量が大容量かつ安いMVNOとして知られていて、何かと褒められることの多いBIGLOBEです。プランにキャリア級の大容量コースがあり、それでいて安いことから何かと取り上げられることの多いMVNOです。

この5つでまずは速度の比較をしようと思い、今回は同じ条件で測定をしてみました。

スポンサードリンク

 

12時の速度

MVNOが一番遅くなる時間帯をご存知でしょうか。というよりも時間帯によって回線速度が出やすかったり出にくかったりするのはご存知でしょうか。

固定回線だと主に夜中が遅くなりますが、このモバイル回線は基本的に「平日」の「お昼」が一番混雑しやすいです。仕事の休憩時間と重なるということで、家以外でのネット利用をモバイル回線を使う比率が大きく上がります。

この「平日の昼」というのは、かなりモバイル回線の帯域が圧迫されますので、ここで速度を出せる回線があればほぼ全ての時間帯で速度を同じように出すことが出来ます。

最もモバイル回線にとって困難な時間帯に、速度が出るMVNOというものをランキングとしてだしてみました。

12jimatome
順位 1位 2位 3位 4位 5位
MVNO NifMo OCN DMM IIJ BIGLOBE
平均速度 19.13Mbps 1.02Mbps 0.74Mbps 0.63Mbps 0.4Mbps

NifMoがとんでも無い結果を示しています。速度の出やすいMVNOとして選びましたが、一番出にくい時間帯でここまで出せるとは思いもしませんでした。

その他のSIMはどれも横並び的な速度になっています。遅い速度ではありますが、一番遅い時間帯でこれなので、普通に使っていく中では我慢できる速度をどのMVNOも出していると思います。

 

17時の速度

この時間帯はまだ帰宅時間が始まったばかりで、急激に混むのはもう少し経ってからとなります。空いている時間帯というわけでもありませんが、しっかりと通信帯域を確保しているMVNOならば比較的速度の出やすい時間帯です。

17jimatome1
順位 1位 2位 3位 4位 5位
MVNO DMM OCN NifMo IIJmio BIGLOBE
平均速度 16.22Mbps 14.46Mbps 13.84Mbps 10.73Mbps 8.37Mbps

この時間帯はあまり速度の比較をしても意味がないかもしれません。どれも充分な速度を出しているので、帯域が空いていればこれだけの速度をどのMVNOも出せるということになります。

 

20時の速度

この時間から夜の時間をゆっくり過ごしたり、ちょうど帰宅して休憩中にスマホを見る人などが増えて、ネット全体にアクセスする量が多くなります。ただしこの時間になると自宅からWi-Fiで繋ぐ場合があり、そうした要因もあって極端に増えることはありません。

それでも確実に帯域が混み始める時間帯でもあり、この時間帯の速度というのは別の時間帯でスポット的に帯域が圧迫された時にどれだけ快適な通信環境を作れているかという一つの指標になる速度といえるかもしれません。この時間帯に速度を維持できているようならば、ある程度の帯域の負荷にも耐えられる太い通信網というのを準備していると考えられます。

 

20jimatome
順位 1位 2位 3位 4位 5位
MVNO IIJmio NifMo DMM OCN BIGLOBE
平均速度 11.51Mbps 8.71Mbps 6.93Mbps 3.35Mbps 1.67Mbps

混雑し始めた中で、3社のMVNOは速度が速い部類に入るため、これらのMVNOは回線がかなり太いものを用意しているということが予想されます。

 

22時の速度

こちらも「お昼」よりも緩いものの、24時間の中では一番混雑しやすい「夜」の時間帯です。就寝前にスマホを見る最後の時間帯ということになるでしょうか。Wi-Fiを繋ぐ人が多いため、モバイル回線の使用率は恐らく「昼」よりも強くないと思いますが、Wi-Fiを使わずに利用する人も一定数は確実にいるため、帯域は圧迫されます。

特にOCNモバイルONEの1日でデータ通信量が再チャージされる影響で、あえてWi-Fiを繋がずにモバイル回線のまま通信を行うユーザーが多く、この時間帯は他社よりも不利な結果が出やすいでしょう。

22jimatome
順位 1位 2位 3位 4位 5位
MVNO NifMo IIJmio DMM BIGLOBE OCN
平均速度 9.33Mbps 8.4Mbps 6.13Mbps 3.74Mbps 1.21Mbps

OCNモバイルONEが最下位になっていますが、これは1日データコースの容量を使いきってしまおうと考えてあえてWi-Fiに接続しないで使っている人がいるからかと思われます。その他のMVNOだとどれも混んでても速度は出ているので、Wi-Fiに利用を切り替えているユーザーが多くいることが伺えます。OCNだけはそれに当てはまらないのでしょう。

 

 

まとめ:結果から考えるオススメMVNO

4つの時間帯で速度を測り、全て異なる結果とランキングにはなりましたが、一定の法則性=速度の出やすいMVNOというものは感じられるでしょう。

NifMoが「お昼」や「夜」という帯域が切迫する時間帯でも速度を出せるMVNOである一方、BIGLOBEは時間帯関係なく高速な通信速度が出にくいMVNOということがわかります。IIJmioやDMMモバイルは帯域混雑時こそ遅いですが、それ以外はバランスのとれたMVNOである、ただしOCNモバイルONEはざんねんながら同等レベルにはないという結果になりました。

ここからそれぞれの速度結果を踏まえた上で、更にプランや補助機能の観点も含めてどのMVNOを選んで契約すべきかをランキング形式で発表してみたいと思います。

  1. DMMモバイル

    速度の結果としては大体2位〜3位の間に位置することの多いMVNOでしたが、補助機能の豊富さや選べるプランが6種類もあるため、総合的な視点から見ればDMMモバイルが最も使いやすいかもしれません。

    速度は「お昼」以外ならば高速通信と呼べる範囲内にあるでしょう。更に補助機能である「バースト転送」「データ通信量繰り越し」「DMMギフト還元」があることで、使いやすさが確実に増すことでしょう。プランも最小1GBから最大10GBの間から選べることが出来るので、使い方によってプランを自由に替えることが可能なMVNOです。

  2. IIJmio

    元々はDMMモバイルもこのIIJmioの回線を使っているため、回線速度では結果からもわかるように違いは生まれにくい両社ですが、1位をDMMにして本家のIIJmioを2位にした理由は、プランの少なさと「DMMギフト」などの補助機能がIIJmioには無いということです。

    「バースト機能」「データ通信量繰り越し」は共通ではありますが、プランの数とECサイト割引はIIJmioにはありませんので、IIJmioは2位にしました。

  3. NifMo

    速度結果を最重要視するならば、このNifMoが最も良いMVNOになるでしょう。時間帯を問わずスピードが出ているのはこの格安SIMしかありません。

    補助機能ではDMMやIIJmio、OCNモバイルONEには負けてしまいますが、速度という他者が真似できないメリットを有しています。ただ明確なメリットがこの速度だけであるため、それ以外の物足りなさによって順位を3位とさせてもらいました。繰り越しすらないのはちょっと使い勝手は劣るでしょう。

    唯一ECサイトと併せた「NifMoバリュープログラム」という補助機能があります。少し使いにくさはあるものの、この補助機能サービスをうまく使えれば料金が割引されますので、これを利用できれば1位にしてもいいMVNOという潜在性の高さはあります。

  4. OCN モバイル ONE

    補助機能もプランも独特なものがあって、文句のないMVNOではありますが、「お昼」「夜」という帯域に利用者が殺到する時間帯2つで速度低下が見られたということで、順位は下の方にせざるを得ません。DMMやIIJmioでは「夜」では速度が結構出ていたため、ランキングで1位としてオススメも出来ましたが、OCNモバイルONEではそれは無理な結果になってしまいました。

  5. BIGLOBE LTE・3G

    プランこそ選びやすさはあるものの、その他の補助機能で目立つのが「無料Wi-Fi」のみで、速度も測定結果のほとんどが下位に沈みがちということもあって、今回の比較ではオススメは出来ない結果になってしまいました。今回比較した4社を差し置いてBIGLOBEを契約する意味は、よほど魅力的な格安スマホが出てこない限りはないでしょう。

 

こういった順位が今回の速度比較の結果及びプランや補助機能の多さという総合的な要素を考えた上でのオススメ順です。速度だけ見ればNifMoですが、補助機能とサービスの豊かさを考えると、DMMとIIJmioは捨てがたいMVNOになります。

最終的には自分の必要とする要素の強いMVNOを選ぶのが満足する選び方になると思いますが、多くの人が求める要素を満たしているのがこの上位3つのMVNOかと思います。

4 件のコメント

  • マイナビニュースでBIGLOBEの速度が一番遅いという結果を見て、気になっていました。

    会社の昼休み、ドラコレしていてもたまにストレスになることもあるんですが、こういうわけですね。

    こういうことはソフトバンクでも、普通にあったんで、こういうものかと思っていましたが、本来ではないんですね・・・。

  • いまBiglobeを使っていますが
    どうも遅いと思っていました。
    これで原因が分かりました。
    1年縛りが解けたら乗り換えます。

  • BIGLOBEが一番キツいみたいに書かれてますけど、使用ユーザの私からみればそうでもないですよ。
    下り10~50Mbps出る時もありますし。

    確かに混雑時は遅いみたいですねぇ。

    まぁ、月額が安いので許容範囲内ですし、simだけ契約なら違約金掛からないですし、気に入らなければ何時でもやめればよいしね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>