Y!mobileのNexus5、MNP一括9800円契約が安すぎる。月額2030円で通話し放題+1GBデータ回線

Y

普段このサイトの性質上キャリアの2年縛りの強い回線についてはあまり取り上げてこなかったのですが、今回だけは流石にお得過ぎる内容が出てきたので、その詳細とどのような凄いお得な点があるのかというメリット、そして契約に際しての2年縛り・1年縛りのデメリットを解説していきます。

MVNOの格安SIMへと乗り換える際に、多くの人の障害となっている点というのは何でしょうか。私が感じるMVNOへの移行に躊躇する理由は4点ほどあると感じています。それはメールアドレスが変わってしまうこと、通話料が定額かかってしまうということ、格安SIMが使えるスマホ代が高いこと、回線の品質が気になるということ。この4点が人それぞれ占める割合は違うでしょうが、MVNOの格安SIMへの移行を妨げる要因になっていると思います。

この記事で取り上げる「お得過ぎる契約」はこの内通話料の問題、スマホ代の問題、そして回線品質の問題についてをMVNOと比較しても高い満足度で満たしてくれることになる契約です。メールアドレスの引き継ぎこそ出来ませんが、少なくともMVNOのメリットである料金が安いスマホ回線でありながら、通話料の心配もなくスマホも安く購入でき、速度が時間帯によって極端に変化するような心配のない回線を契約できるチャンスです。



Y!mobileのNexus5、MNP一括9800円という衝撃

このお得な回線というのが現在Y!mobileのオンラインショップで契約できるNexus5のMNP一括9800円という契約です。

Y!mobileオンラインストア

この契約によって先ほど挙げた通話料やSIMフリースマホの調達、そして安定感の欠ける回線という問題を満足のゆく状態で解決させた回線を利用することが可能です。

もう少し具体的にメリットを説明すると以下のような素晴らしい回線が手に入ります。

  • 1回10分以内、そして月300回の通話が全て定額で基本料金に含まれる
  • Nexus5というSIMフリーかつ非常に性能の高いスマホが、分割金なしの9800円ぽっきり
  • 準Softbank回線でMVNOよりかは安定した速度で通信できる
  • 安い

まず通話料に関しては、MVNOの格安SIMでは絶対に太刀打ち出来ない安さになっています。MVNOの音声契約では、30秒で20円、1分間で40円の通話料金がかかりますが、Y!mobileの回線では10分間の通話までなら、月に300回まで基本料の範疇で電話することが出来ます。理論上1ヶ月に30000分の通話料金が無料化されているということです。

MVNOでは常にネックとされていた通話料による非格安回線化も、Y!mobileならば心配せずに使うことが出来ます。通話をする人にとっては限定的ではあるものの十分すぎる通話定額プランは、高い価値のある回線になるはずです。

 

そして、スマホ代が安いことも大きなメリットになります。今回はスマホとのセットにはなるものの、スマホ代はうん万円という高さではなく、分割なしの一括契約でたったの9800円です。しかもセットになるのはGoogle謹製となるNexus5という機種で、非常にスペックの高いSIMフリースマホです。もしも同程度のスペックのSIMフリースマホを購入しようと思ったら、3万円台後半は最低でもかかってもおかしくない機種です。そんなスマホが一緒になって9800円で支払いが済むというのは格安スマホ以上の格安スマホと呼べる代物です。

 

更なるメリットとしては、速度計測の比較結果からもわかるように、MVNOの格安SIMは速度の出やすい種類や時間帯というものが存在しており、決して安定して同じ回線品質で使える類のものではありません。遅い日や時間帯といった気まぐれな品質で使わざるを得ない種類の回線です。この点がY!mobileではキャリア回線という種別にあたるため、準Softbank的な回線ながらもMVNOよりも非常に安定した回線品質になっているため、気まぐれな速度に悩まされなくてよいというメリットがあります。

MVNO/格安SIMの速度比較 IIJmio/NifMo/楽天/So-net/OCN/BIGLOBE/DMM/UQ mobile/mineo | 格安スマホ回線研究所

2,030円、2,570円、3,650円という格安SIM級の安さ

しかしこうしたメリットはY!mobileに限らずキャリア回線ではdocomoやauでも得ることの出来るメリットです。今回のY!mobileとキャリア回線、メリットについては大きな違いはないのならば、今回Y!mobileのこの契約を大々的に取り上げて解説している意味が内容に思えます。しかし今回のY!mobileの回線は、キャリアにはないメリットとしてもう一つ大きすぎメリットがあります。

それはこの契約した回線の安さです。

MVNOの格安SIMへ移ろうと考えている人は、こうしたキャリアの各メリットを捨ててでも乗り換えようとしていることでしょう。これらのメリットよりも勝るメリットが格安SIMにはあるというわけです。その勝るメリットというのが料金の安さになるでしょう。通話付きの格安SIMでは平均的な月額料金として1600円というプランで使えますから、キャリア回線では実現が困難な料金でスマホを持つことが出来ます。

今回のY!mobileはこうした格安SIMの持つ安さというメリットを、ほぼ同じレベルで保有しています。そのため、通話料を気にせず、スマホ代も安く、回線品質も良く、それなのに毎月の料金が安いという、キャリアの持つメリットと格安SIMの持つメリットを併せ持ったハイブリットな本当にお得な契約になっています。

具体的な金額を示すと、2,030円、2,570円、3,650円といういずれかの料金で使えます。

 

これらの料金の違いは、単純にネットをLTEの高速回線で出来るデータ通信量の違いだけです。安いものからそれぞれ1GB、3GB、7GBで使えます。

普通の格安SIMの音声プランが1600円ですから、それに500円足すだけで通話定額のお得なプランが使えます。更に1600円からおよそ1000円足すと、データ通信量も格安SIMと同等の3GBも使えて、通話定額というかなりバランスのとれた素晴らしい回線を契約することが可能です。

通話を良くする人にとっては格安SIMのプランに500円~足すだけで、通話料金を気にしなくて回線品質も安定した超優良プランへグレードアップすることが出来るのですから、本当に素晴らしくお得な契約です。

 

MVNOからのオンラインでMNP可能

この契約はMNPというわけで、既に利用している番号からの乗り換えのみが契約対象になっています。Softbank系列になるため、SoftbankからのMNPは対象外ですが、docomoやauからのMNPなら上記の優良な回線へとMNP出来ます。ここで朗報なのが、このdocomoとauからのMNPというのは、MVNOからでも可能ということです。MVNOの回線も区分上はdocomo系とau系で分けられるため、このキャンペーン価格の契約へとMNPすることが可能です。

この契約はY!mobileのオンラインショップからのみ受け付けているため、非常に手続きも簡単です。例えばMVNOからMNPする時も、MVNOによっては電話やネットでMNPの予約番号を手に入れ、それをオンラインショップへ入力するだけでスマホと回線が送られてくるため、店頭での長時間かかる手続きが不要です。時間的に忙しい人でも簡単に契約できる内容になっています。

 

MNPに解約金がかかる人やもうSIMフリースマホを持っている人は・・・

このプランが気になる人、特に通話料が格安SIMの契約でかかっている人やキャリア回線を契約していて条件の良いものへMNPしたいと考えている人は、ハッキリ言って損な部分はほぼなく、確実に契約を結ぶべきだと思いますが、MNPの解約金や既にスマホを持っているのでそちらを使いたいという人もいると思うので、そちらについての対処方法を解説しようと思います。

まず解約金として約1万円の支払いと、スマホ代としてこちらも約1万円の出費がかかるということで躊躇してしまうという人もいると思います。ですが、総費用として2万円かかったとしてもNexus5がその金額で購入できるというメリットと、これから2000円~3000円ちょっとで通話定額付きの音声プランを契約できるメリットを考えたらハッキリ言って安いです。これ以上の内容の契約は格安スマホではまずありません。

 

次に既にスマホを持っている人の場合、SIMフリースマホでLTE端末、またはdocomoのLTE端末でSIMロック解除されているものならば、Y!mobileのSIMをそのままそれらのスマホに入れて使える可能性が大きいです。LTEスマホでないとダメですが、SIMフリーでもBand1と3にはほぼ確実に日本で販売しているものは対応していますし、docomoのスマホでもSIMロック解除されていればほぼ全機種Y!mobileSIMで使えるため、Y!mobileのキャリアメールが使えないもののそれ以外の機能は普通に使うことが出来ます。

特に既にスマホを持っていて解約金に悩む人は、Nexus5を2~3万円で新品のまま売ってしまえば、解約金が発生してもMNP費用としては非常に安くなるため、契約にかかる費用の心配をしなくて済みます。こうした対応を取ることで、今回のY!mobileキャンペーンも契約に際しての問題というのは解決することでしょう。

 

デメリットは1年間の継続利用は必須

このあまりにも良すぎる内容のY!mobileのNexus5、MNP一括9800円の契約ですが、良すぎるが故の罠というかデメリットというものが一応あります。

それは1年間だけ解約した時にかかる解約金が21,600円増えるというものです。これは10,260円の通常かかる2年縛りの解約金に増えるという形をとっているので、実質的に31,860円の解約金が1年以内に解約した場合にかかります。これはのりかえサポートと呼ばれるもので、Nexus5を大きく値引きする代わりに1年は使ってもらおうという縛りをつけています。

ただこのデメリットも1年以内に解約しなければ普通に使うことについて何も不自由しないですから、デメリットとしての側面は限定的です。それほどこの問題は気にしなくていいでしょう。

 

まとめ:キャリアと格安SIMのメリットを詰め込んだ超オススメな契約

というわけで1年使うことが縛りとして増えるデメリットはあるものの、それ以外では本当にメリットが強すぎる契約になります。

改めておさらいすると

  • 10分間の通話が月に300回まで基本料金の範疇で使える
  • Nexus5をMNP一括9800円で購入できる
  • MVNOの格安SIMよりも速度にムラがない
  • 最安プランは2,030円、バランスの良い3GBプランも2,570円という月額料金の安さ

これだけのメリットが存在します。スマホ付きの格安スマホセットとして見てもスマホ代の安さは特段安いですし、通話料金が従量制でない回線としても料金が安く、格安SIMよりも使いやすさが確実に上です。オンラインショップからのMNPではMVNOからの乗り換えも受け付けていて、契約のしやすさもあります。

この安さには「月額割引」という2年間限定の割引が効いているのですが、この月額割引の設定金額がたまにY!mobileで変更になります。そうすると毎月の料金は今回示したものよりも高くなったり安くなったりするので注意しましょう。オンラインショップでは契約後の毎月の料金を示してくれているので、手続きに入る前にそこで金額がいくらになっているのかを確認しましょう。

Y!mobileオンラインストア Nexus5 MNP超おトク祭りキャンペーン

通話をする人が格安SIMなみの節約向け料金でスマホを使おうと思ったら、このプラン以上のものは当面出てこないと思うため、この機会に回線を乗り換えておくことをオススメする優良プランです。

6 件のコメント

  • 確かに、お得ですねー。
    でも通話しない人にとっては、既存の格安スマホの方が得なんですよね。
    危うく、乗っちゃうとこでした・・・。
    (´・ω・`)

    あと、このキャリアは、あとあとどうなるか、わからないってのもありません?
    (´Д` )

    • 通話する人向けというのは前提ですね。
      ただ今日から始まったキャンペーンを適用すると、6GB使えて2570円になるのでこれは通話付きでも格安スマホの中では一番安い契約だと思います。
      キャリアの存続については1周年キャンペーンとかをやってるので心配しなくてもいいと思いますが。

        • なるほど。そういう意味ですか。今日からのキャンペーン内容の変更や月額割引の減少などはあるかもしれませんが、根本はこれまで長く使っていた契約と同じ内容なので、この契約に関しては大丈夫じゃないでしょうか。
          それ以外の別のものになるとそうした懸念も生じるかもしれませんが。

  • 6GB使えて2570円は確かに安い!
    ですが6GB越えたら自動的に1GBあたり500円追加になる可能性ありますよね。そうなると逆に使いすぎて損する可能性も否定できない。

    ちなみに、このキャンペーンって家族家族割引サービスって併用できるのですかね?

    • 快適モードに加入しなければ500MBの自動追加は起きないので、そこは気をつけておけば大丈夫でしょう。

      家族割引が使えるなら副回線で540円引きです。3GB(6GB)のプランだと2030円になるので、家族で2台以上持つと本当に安くなりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>