MNPができるならY!mobileのAQUOS Xx-Y 404SHが回線品質を保った節約格安回線に

404

このサイトではMNOながらMVNO並みの料金でスマホも回線も利用できるということで、Y!mobileの契約をオススメのSIMの一つに加えいれています。

料金プランの安さと10分間の無料通話がついた基本プランの性能は、たとえ2年縛りというデメリットがあっても格安SIMをなんとなく選ぶよりも確実に大きなメリットが存在します。特に格安SIMの音声プランを契約しようとしている人は、MNPでの番号そのままにのりかえを計画していると思いますが、Y!mobileだとこのMNPに対してスマホ代が0円に近くなるほどの割引増加と、データ通信量2倍のキャンペーン等によってメリットを更に高めています。

今回紹介するY!mobileの契約も、もしもMNPでMVNO格安SIMへののりかえ、格安スマホと呼ばれる契約へののりかえを考えていた人にオススメできる安くて品質の高い非常にバランスの取れた契約になります。

その契約とは、2016年1月15日から発売されるAQUOS Xx-Y 404SHというものです。この契約が、これからしばらくの間Y!mobileへのMNPにおける代表的な格安スマホとして人気が高まりそうな予感がします。この記事ではこのAQUOS Xx-Y 404SHへのMNPでどういったアドバンテージ(料金、スマホの性能、回線の性能)があるのかを詳しく解説していこうと思います。

ぜひとも「安いのはもちろんだけど、スマホの質やユーザーへのサポートも力をいれたちゃんとした格安スマホを契約したい」という欲張りなユーザーにチェックしてもらいたい契約です。

スポンサードリンク

Y!mobileのプランの魅力

まずはY!mobileのプランにどんな基本性能が含まれているのかということを説明しましょう。

Y!mobileのプランは、MNOキャリアに比べると割安ですがMVNO格安SIMよりも若干割高になってしまいます。ただしこれは基本料金の部分のみの比較ですから、実際に利用していくと格安SIMのほうがむしろY!mobileよりも高額になる可能性があります。

その理由は通話料です。

格安SIMでは一部のMVNOのプレフィックス通話を使った通話定額プランがありますが、プレフィックスということで番号通知がされないなどのデメリットも多く、料金もY!mobile以上に高くなってしまいメリットが少ないです。通常の音声プランの場合には基本料は安いですが、その分30秒/20円という通話料が毎回かかってきてしまいます。通話をする人にとっては、格安SIMの無料通話分のない契約は、通話時間によってはキャリアの通話定額に入ったほうが安いということにもなりかねません。

一方のY!mobileでは、最初からプランの基本料のなかに通話定額が組み込まれています。無料の通話回数は300回//月まで、時間も1回の通話につき10分間までですが、通話時間としては十分な時間でしょう。この通話定額の存在は、たとえ格安SIMよりも基本料が高くても
追加料金をほぼ気にせずに使えるという点においてメリットになるでしょう。

そしてもう一つ、MNPでY!mobileを契約した場合に、ネットの接続に使えるデータ通信量が2倍になるというキャンペーンがあり、これによって毎月使える通信量が格段にアップします。

MNPによって安いプランでも2GBのデータ通信量が、プランが上がると6GB、14GBという大容量プランを得ることができます。これも今回のMNPで安いAQUOS Xx-Yの契約におけるメリットでしょう。

  • 10分間無料の通話定額
  • 2GBからの余裕のある通信量

この2つがY!mobileを契約する上で格安SIMよりも優れたプランの特徴です。

 

速度も安定している

そしてプランとは異なるY!mobileのメリットとして、速度がMVNOに比べると大きく安定しているという特徴が挙げられます。

こちらの速度計測の記事をご覧いただければわかると思いますが、MVNO格安SIMに比べるとY!mobileはSoftBankのサブ回線という位置付けになるため、とても速度が速いだけではなく安定しているのがわかります。MVNOの場合は性質上速度の安定性というのは期待できないものなのですが、Y!mobileならばその問題を心配しなくても良いという特徴があります。

MVNO格安SIMの速度比較 12月 IIJmio/mineo/楽天モバイル/FREETEL/OCN/BIGLOBE/DMM/UQ mobile他

2016.12.08

長く使うことを前提にした場合、この速度はストレスや使用感に直結する数字ですので、Y!mobileぐらいの速度が出ていれば普段の使いやすさには支障がないでしょう。

 

AQUOS Xx-Yの契約の更なるメリット

以上のY!mobileのメリットがあった上で、更にAQUOS Xx-Y 404SHの契約単体にどういったメリットがあるのかを確認してみたいと思います。

AQUOS Xx-Yの契約を今回個別でオススメするに至った理由は、この契約をすることで普通に格安スマホなんかを契約するよりも何倍ものメリットがあるからですが、そのメリットというのが「料金」と「スペックの高いスマホ」という2つです。

MNP(と機種変更)で安い月額料金

Y!mobileの特徴は格安SIM並に安くて回線品質が高いという点です。ただここにスマホの機種代金が入るとY!mobileのメリットである安さが失われてしまいます。実際に新規契約ではAQUOS Xx Yの契約は機種代金が負担となって決して安い契約にはなっていません。

ところがMNPの場合(そして多少高くなるものの機種変更でも)、「月額割引」と呼ばれる割引が特別に契約に付帯してきます。これが実質0円とまではいかないまでも、AQUOS Xx-Y 404SHの機種代金に近い金額を毎月割り引いてくれます。

このお陰で本来ならば機種代金の追加によって高額になってしまうスマホ込みでの料金が、MNPと機種変更でとても安くすることができます。具体的にMNPの毎月の料金を確認してみましょう。

404SH MNP スマホプランS
(2GB)
スマホプランM
(6GB)
スマホプランL
(14GB)
分割 3758円 4298円 5378円
一括 1058円 1598円 2678円

料金の内訳についてはオンラインショップで書いてあるのでそちらを確認していただければわかります。機種変更の時の具体的な料金もそちらで確認してください。
今なら12ヶ月限定で1080円の割引も特別に追加されるため、MNPならばスマホセットにも関わらずMVNOの格安スマホのように安くなります。

最初の1年は1080円割引によって、分割でスマホプランMのプラン内容の良い契約でもスマホの機種代金込みで4298円という安さになります。一括で機種代を支払う余裕があればなんと毎月1600円ほどという格安SIM並みの料金です。それでいて通話定額+6GBという料金になるのですから、その安さは極まっているといえるでしょう。

 

スペックが高い

Y!mobileのプランのメリット、そして料金が安いというメリットの他にもAQUOS Xx-Yは性能が高いスマホということで下手な低スペック格安スマホを契約するよりもよいものを購入できます。

AQUOS Xx-Y 404SHは同型番のSoftBankスマホと基本性能は一緒です。大画面のディスプレイに挟額縁デザインのハイスペックスマートフォンです。

AndroidVer 5.0
CPU Snapdragon 810
RAM 3GB
ROM 32GB
ディスプレイサイズ 5.7インチ
解像度 フルHD,1920×1080
カメラ画質 1300万画素
LTE Band 1/3/8/42
バッテリー 3000mAh
重量 168g

SoCにはSnapdragon 810、RAMは3GBとパワフルです。5.7インチのフルHDパネルに防水防塵、おサイフにmicro SDによるROMの増加も可能な万能国産スマホです。

問題はSoCに採用しているS810です。これは高性能すぎるため、Nexus 6PやXperia Z4 Tablet以外だと発熱問題を抱えてしまっている高性能だけれども問題も多いCPUです。AQUOS Xx-Yでは、この発熱問題を回避するために性能を抑えています。本来動作するCPUを2コアほどに常時抑えることで、発熱を回避しようとする仕組みになっています。そのため、性能としてS810のフルパワーというものは出せなくなっているので注意してください。その分発熱はXperiaやARROWSよりは抑え目です。

ただCPU性能自体は抑えぎみですが、RAMの容量が多いためにほとんどのアプリを快適に動かすことができるでしょう。普通に使う分には性能を抑えているといっても特に困ることはないはずです。

 

まとめ:長く使えるスマホを安く使いたいならこの契約へMNPを

以上の内容がMNP可能なユーザーにオススメしたいY!mobileの格安スマホ級の契約内容になります。

MNPが可能ならば分割割賦契約の機種代込みの契約でも比較的安い料金で2年間利用できるメリットが存在します。速度やサポート体制、通話定額などのMVNOにはない良さもあるため、節約を考えながらもしっかりとした回線品質を保ったスマホを契約したいのならば、これが今だと一番良いでしょう。

同じY!mobileの契約に、もっと安いDIGNO C 404KCの契約も存在しています。こちらは料金重視の考えで、それほど高い性能をスマホに求めていない場合にオススメです。今回の契約はスマホの性能も高いものを望んだ時にベストとなるでしょう。

通話料込みで安いスマホ料金になる格安スマホ Y!mobileの404KCと402LGの魅力

2015.10.22

どちらかというとAQUOS Xx-Yの契約のほうがより「良いものが欲しい」という人の要望を満たすことができるでしょう。

 

契約プランはスマホプランMがオススメです。データ通信量がキャンペーンで6GBもあるため、古いdocomoやauのプランからの乗り換えでも感覚的に分かりやすいデータ通信量となるでしょう。もちろんそんなに使わないという場合には2GBのプランで毎月の料金を安くするというのもいいでしょう。どちらもMNP契約ならかなり安い部類に入ります。

2年縛りの更新が続くというデメリットがもちろん存在しますが、契約全体のプランの内容と料金はメリットと呼べる点が多くなっているため、もしも今使っている回線を格安SIMへのMNPを考えているようならば、こちらのY!mobileのAQUOS Xx-Y 404SHの契約にも興味をもってもらいたいところです。SIMロック解除も契約から6ヶ月後に可能になりますから、将来的にはMVNOに切り替えるときもこちらのスマホをそのまま持ち越すことができます。

「料金を安くしたい」一方で「ちゃんとした品質のある契約をしたい」という人には、いきなりMVNOへと乗り換えるよりも、MNOの良さを持ちながらMVNOのようにして使えるのがY!mobileですので、まずはこちらの格安スマホ契約から始めてみてはいかがでしょうか。品質も料金もMVNOよりも高い満足感を得られる可能性が十分ありますので、多くの人にオススメな内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>